新規登録 ログイン

9_80 ことば / 単語

古文単語「まさし/正し」の意味・解説【形容詞シク活用】

著者名: 走るメロス
Text_level_1
マイリストに追加
まさし/正し

このテキストでは、シク活用の形容詞「まさし/正し」の意味、活用、解説とその使用例を記している。

形容詞・シク活用

未然形まさしくまさしから
連用形まさしくまさしかり
終止形まさし
連体形まさしきまさしかる
已然形まさしけれ
命令形まさしかれ


意味1

(予想したことが)
本当だ、正しい

[出典]:古今和歌集
「逢坂の関しまさしきものならば飽かず別るる君をとどめよ」

[訳]:逢坂の関が(名前の通り)、本当人を止める関である)ならば、名残惜しく別れて行くあの人を引き止めておくれ


意味2

確かだ、間違いない

[出典]名を聞くより 徒然草
「また、如何なる折ぞ、ただ今、人の言ふ事も、目に見ゆる物も、我が心の中に、かかる事のいつぞやありしかと覚えて、いつとは思ひ出でねども、まさしくありし心地のするは、我ばかりかく思ふにや。」

[訳]:また、どのようなときであったか、今、人が言うことも、目に見える物も、自分の心の中で思っていることも、このようなことはいつだったかあった気がするなと思えて、(それが)いつとは思い出せないが、間違いなくあった気がするのは、私だけがこう思うのであろうか。

Related_title
もっと見る 

Keyword_title

Reference_title
ベネッセ全訳古語辞典 改訂版 Benesse
全訳読解古語辞典 第四版 三省堂

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 2,865 pt 
 役に立った数 2 pt 
 う〜ん数 0 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。