新規登録 ログイン
検索条件
タグ 古今和歌集

1

2

3

4

17_80
Text_level_1
六歌仙とは 平安時代、ひらがなやかたかなが盛んになったことから、和歌が頻繁に詠まれるようになりました。紀貫之は万葉集以降で優秀な歌を集めて「古今和歌集」に編纂しました。 その中でも優秀な歌の詠み... (全て読む)
17_80
Text_level_1
国風文化の台頭 10世紀になると、貴族を中心とする文化が起こりました。これを国風文化と言います。 平仮名と片仮名の普及 国風文化を代表するものに、平仮名や片仮名を使った文学作品があります。 平仮... (全て読む)
1_80
Text_level_1
『思ひつつ寝ればや人の見えつらむ夢と知りせば覚めざらましを』の現代語訳と解説 思ひつつ 寝ればや人の 見えつらむ 夢と知りせば 覚めざらましを このテキストでは、古今和歌集に収録されている歌「人... (全て読む)
9_80
Text_level_1
『世の中にたえて桜のなかりせば 春の心はのどけからまし』の意味と解説 このテキストでは、古今和歌集、そして伊勢物語の第82段「 渚の院」に収録されている歌「世の中にたえて桜のなかりせば春の心はの... (全て読む)
9_80
Text_level_1
『唐衣着つつなれにしつましあればはるばる来ぬる旅をしぞ思ふ』の意味と解説 このテキストでは、伊勢物語の9段『 東下り』そして『古今和歌集』に収録されている歌「唐衣着つつなれにしつましあればはるば... (全て読む)
1_80
Text_level_1
『秋来ぬと目にはさやかに見えねども風の音にぞおどろかれぬる』意味と解説 秋来ぬと目にはさやかに見えねども 風の音にぞおどろかれぬる このテキストでは、古今和歌集に収録されている歌「秋来ぬと目には... (全て読む)
1_80
Text_level_1
百人一首(35)紀貫之/歌の意味と読み、現代語訳、単語、品詞分解 人はいさ 心も知らず ふるさとは 花ぞ昔の 香ににほひける このテキストでは、 百人一首に収録されている歌「人はいさ心も知らず ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
『袖ひちてむすびし水のこほれるを春立つけふの風やとくらむ』意味と文法解説 このテキストでは、古今和歌集に収録されている歌「袖ひちてむすびし水のこほれるを春立つけふの風やとくらむ」の現代語訳・口語... (全て読む)
9_80
Text_level_1
『秋来ぬと目にはさやかに見えねども 風の音にぞおどろかれぬる』現代語訳と解説 秋来ぬと 目にはさやかに 見えねども 風の音にぞ おどろかれぬる このテキストでは、古今和歌集に収録されている歌「秋... (全て読む)
9_80
Text_level_1
『五月待つ花橘の香をかげば昔の人の袖の香ぞする』の意味と解説 このテキストでは、古今和歌集そして伊勢物語の第60段「花橘」に収録されている「五月待つ花橘の香をかげば昔の人の袖の香ぞする」の現代語... (全て読む)

1

2

3

4