新規登録 ログイン

9_80 文章の読み解き / 文章の読み解き

徒然草『名を聞くより』 わかりやすい現代語訳と解説・品詞分解

著者名: 走るメロス
Text_level_1
マイリストに追加
『名を聞くより』

このテキストでは、兼好法師の書いた徒然草の中の「名を聞くより」(名を聞くより、やがて面影は推し量らるる心地するを〜)の現代語訳・口語訳とその解説をしています。

読む前に知っておきたい

この話で筆者は、2つのメッセージを発信している。1つは、「イメージしていたものと実際に会ったのとでは違うことがよくある」、そしてもう1つは、「今人がしゃべっていること、目に見えている物、自分の心の中で思うことは、初めてのはずなのに、デジャブのように、昔こんな光景があった気がするなぁと思ってしまうことが多々ある」である。そのことを念頭に読んでみよう。

原文

名を聞く(※1)よりやがて面影は(※2)推し量らるる心地するを、見る時は、また、かねて思ひつるままの顔したる人(※3)こそなけれ。昔物語を聞きても、この比(ごろ)の人の家のそこほどにて(※4)ぞありけん覚え、人も、今見る人の中に(※5)思ひよそへらるるは、誰もかく覚ゆる(※6)にや

また、如何なるぞ、ただ今、人の言ふ事も、目に見ゆる物も、我が心の中に、かかる事のいつぞやありしかと覚えて、いつとは思ひ出でねども、まさしくありし心地のするは、我ばかりかく思ふにや。

現代語訳

名前を聞くやいなや、ただちに(その人の)顔つきは自然と推察されるような気がするが、(実際に)会うときは、同じように、前もって想像していたままの顔をしている人はいないものだ。昔の物語を聞いても、(物語の舞台となった場所は)現在のあの人の家のそこらあたりであっただろうと思われ、(その物語に登場する)人も、現在見る人の中(の誰か)に自然となぞらえて思われるのは、(私ばかりではなく)誰もこのように思われるのであろうか。

また、どのようなときであったか、今、人が言うことも、目に見える物も、自分の心の中で思っていることも、このようなことはいつだったかあった気がするなと思えて、(それが)いつとは思い出せないが、間違いなくあった気がするのは、私だけがこう思うのであろうか。

次ページ:品詞分解と単語解説

1ページへ戻る
前のページを読む
1/2
次のページを読む

Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
『教科書 高等学校 国語総合』 明治書院
『教科書 新編国語総合』 教育出版
『教科書 高等学校国語総合 古典編』 三省堂
佐竹昭広、前田金五郎、大野晋 編1990 『岩波古語辞典 補訂版』 岩波書店

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 96,359 pt 
 役に立った数 121 pt 
 う〜ん数 21 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!