新規登録 ログイン

9_80 ことば / 単語

古文単語「そぞろがみ/漫ろ神」の意味・解説【名詞】

著者名: 走るメロス
Text_level_1
マイリストに追加
そぞろがみ/漫ろ神

このテキストでは、古文単語「そぞろがみ/漫ろ神」の意味、解説とその使用例を記している。

名詞

意味

人の心に取り憑いてなんとなく人の心を誘い動かす神

[出典]漂泊の思ひ・旅立ち 奥の細道
「やや年も暮れ、春立てる霞の空に、白河の関越えんと、そぞろ神の物につきて心を狂はせ、道祖神の招きにあひて取るもの手につかず...」

[訳]:次第に(その)年も終わり、春になり霞たなびく空を見ると、白河の関を越えてみようと、なんとなく人の心を誘い動かす神が身に取り憑いて心を正常ではなくならせ、(おまけに旅人を守るという)道祖神が(旅へ)招いているような気がして取るものも手につかず...

Related_title
もっと見る 

Keyword_title

Reference_title
ベネッセ全訳古語辞典 改訂版 Benesse
全訳読解古語辞典 第四版 三省堂

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 5,153 pt 
 役に立った数 1 pt 
 う〜ん数 0 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。