新規登録 ログイン

9_80 ことば / 単語

古文単語「ごらんじとがむ/御覧じ咎む」の意味・解説【マ行下二段活用】

著者名: 走るメロス
Text_level_1
マイリストに追加
ごらんじとがむ/御覧じ咎む

ALT

マ行下二段活用

未然形ごらんじとがめ
連用形ごらんじとがめ
終止形ごらんじとがむ
連体形ごらんじとがむる
已然形ごらんじとがむれ
命令形ごらんじとがめよ


意味1:他動詞

(「見咎む」の尊敬語で)
御覧になって不思議にお思いになる、見とがめなさる

[出典]丹波に出雲といふ所あり 徒然草
「いかに殿原、殊勝の事は御覧じ咎めずや。無下なり。」

[訳]:ちょっとみなさん、(狛犬らの置かれ方の)おごそかなことには御覧になって不思議にお思いにならないのですか。まったくひどい。

Related_title
もっと見る 

Keyword_title

Reference_title
全訳読解古語辞典 第四版 三省堂
ベネッセ全訳古語辞典 改訂版 Benesse

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 4,461 pt 
 役に立った数 7 pt 
 う〜ん数 1 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。