manapedia
更新日時:
大鏡『雲林院の菩提講(さいつごろ、雲林院の菩提講に詣でて〜)』の品詞分解(敬語・助動詞など)
著作名: 走るメロス
101,036 views

「いくつといふこと、さらに覚え侍らず。ただし、おのれは、故太政大臣貞信公、蔵人の少将と申しし折の小舎人童、大犬丸ぞかし。


「いくつ
格助詞
いふハ行四段活用・連体形
こと、
さらに副詞
覚えヤ行下二段活用・連用形
侍ら補助動詞・ラ行変格活用・未然形・丁寧語
ず。打消の助動詞・終止形
ただし、接続詞
おのれ代名詞
は、係助詞
故太政大臣貞信公、
蔵人の少将
格助詞
申しサ行四段活用・連用形
過去の助動詞・連体形
格助詞
小舎人童、
大犬丸
終助詞
かし。終助詞



主はその御時の母后の宮の御方の召し使ひ、高名の大宅世継とぞ言ひ侍りしかな。されば、主の御年は、おのれにはこよなくまさり給へらむかし。

係助詞
代名詞
格助詞
御時
格助詞
母后の宮
格助詞
御方
格助詞
召し使ひ、
高名
格助詞
大宅世継
格助詞
係助詞
言ひハ行四段活用・連用形
侍り補助動詞・ラ行変格活用・連用形・丁寧語
過去の助動詞・連体形
かな。終助詞
されば、接続詞
格助詞
御年
は、係助詞
おのれ代名詞
格助詞
係助詞
こよなく形容詞・ク活用・連用形
まさりラ行四段活用・連用形
給へ補助動詞・ハ行四段活用・已然形・尊敬語
存続の助動詞・未然形
推量の助動詞・終止形
かし。終助詞



みづからが小童にてありし時、主は二十五、六ばかりの男にてこそはいませしか。」と言ふめれば、世継、「しかしか、さ侍りしことなり。さても主の御名はいかにぞや。」と言ふめれば、

みづから代名詞
格助詞
小童
断定の助動詞・連用形
接続助詞
ありラ行変格活用・連用形
過去の助動詞・連体形
時、
代名詞
係助詞
二十五、六
ばかり副助詞
格助詞
断定の助動詞・連用形
接続助詞
こそ係助詞
係助詞
いませサ行変格活用・連用形
しか。」過去の助動詞・已然形
格助詞
言ふハ行四段活用・終止形
めれ婉曲の助動詞・已然形
ば、接続助詞
世継、
「しかしか、感動詞
副詞
侍りラ行変格活用・連用形
過去の助動詞・連体形
こと
なり。断定の助動詞・終止形
さても接続詞
代名詞
格助詞
御名
係助詞
いかに副詞
係助詞
や。」係助詞
格助詞
言ふハ行四段活用・終止形
めれ婉曲の助動詞・已然形
ば、接続助詞



「太政大臣殿にて元服つかまつりし時、『きむぢが姓はなにぞ。』と仰せられしかば、『夏山となむ申す。』と申ししを、やがて、繁樹となむつけさせ給へりし。」

「太政大臣殿
にて格助詞
元服
つかまつりラ行四段活用・連用形
過去の助動詞・連体形
時、
『きむぢ代名詞
格助詞
係助詞
なに代名詞
ぞ。』終助詞
格助詞
仰せサ行下二段活用・未然形
られ尊敬の助動詞・連用形
しか過去の助動詞・已然形
ば、接続助詞
『夏山
格助詞
なむ係助詞
申す。』サ行四段活用・連体形
格助詞
申しサ行四段活用・連用形
過去の助動詞・連体形
を、接続助詞
やがて、副詞
繁樹
格助詞
なむ係助詞
つけカ行下二段活用・未然形
させ尊敬の助動詞・連用形
給へ補助動詞・ハ行四段活用・已然形・尊敬語
完了の助動詞・連用形
し。」過去の助動詞・連体形



など言ふに、いとあさましうなりぬ。誰も少しよろしき者どもは、見おこせ、居寄りなどしけり。

など副助詞
言ふハ行四段活用・連体形
に、接続助詞
いと副詞
あさましう形容詞・シク活用・連用形のウ音便
なりラ行四段活用・連用形
ぬ。完了の助動詞・終止形
代名詞
係助詞
少し副詞
よろしき形容詞・シク活用・連体形
者ども
は、係助詞
見おこせ、サ行下二段活用・連用形
居寄りラ行四段活用・連用形
など副助詞
サ行変格活用・連用形
けり。過去の助動詞・終止形


【「あさまし」の意味と活用は?】

つづく:『誰も、少しよろしき者どもは〜』の品詞分解

※現代語訳:大鏡『雲林院の菩提講(先つころ、雲林院の菩提講に詣でて〜)』のわかりやすい現代語訳

1ページ
前ページ
2/2
次ページ


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。