新規登録 ログイン

1_80 古典:文法 / 古文:文法

『ある人、弓射ることを習ふに』の品詞分解 徒然草

著者名: 走るメロス
Text_level_1
マイリストに追加
ある人、弓射ることを習ふに

このテキストでは、徒然草の中の「ある人、弓射ることを習ふに」の品詞分解を記しています。



※現代語訳:「ある人、弓射ることを習ふに」の現代語訳と解説

※徒然草は兼好法師によって書かれたとされる随筆です。清少納言の『枕草子』、鴨長明の『方丈記』と並んで「古典日本三大随筆」と言われています。
品詞分解

※名詞は省略しています。


ある人、弓射ることを習ふに、諸矢をたばさみて、的に向かふ。師のいはく、

ある連体詞
人、
射るヤ行上一段活用「射る」の連体形
こと
格助詞
習ふハ行四段活用「習ふ」の連体形
に、格助詞
諸矢
格助詞
たばさみマ行四段活用「たばさむ」の連用形
て、接続助詞
格助詞
向かふ。ハ行四段活用「向かふ」の終止形
格助詞
いはく、連語:ハ行四段活用「いふ」の未然形「いは」+接尾語「く」



「初心の人、二つの矢を持つことなかれ。後の矢を頼みて、初めの矢になほざりの心あり。毎度、ただ、得矢なく、この一矢に定むべしと思へ。」と言ふ。

「初心
格助詞
人、
二つ
格助詞
格助詞
持つタ行四段活用「持つ」の連体形
こと
なかれ。形容詞・ク活用「なし」の命令形
格助詞
格助詞
頼みマ行四段活用「頼む」の連用形
て、接続助詞
初め
格助詞
格助詞
なほざり形容動詞・ナリ活用「なほざりなり」の語幹
格助詞
あり。ラ行変格活用「あり」の終止形
毎度、
ただ、副詞
得矢
なく、形容詞・ク活用「なし」の連用形
代名詞
格助詞
一矢
格助詞
定むマ行下二段活用「定む」の終止形
べし意志の助動詞「べし」の終止形
格助詞
思へ。」ハ行四段活用「思ふ」の命令形
格助詞
言ふ。ハ行四段活用「言ふ」の終止形


【源頼朝が源義経を討伐した理由について解説】

1ページへ戻る
前のページを読む
1/2
次のページを読む

Related_title
もっと見る 

Keyword_title

Reference_title
佐竹昭広、前田金五郎、大野晋 編1990 『岩波古語辞典 補訂版』 岩波書店
『教科書 伝え合う言葉 中学国語2』教育出版

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 211,274 pt 
 役に立った数 431 pt 
 う〜ん数 41 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。