新規登録 ログイン
検索条件
タグ 御法

1

2

3

4

9_80
Text_level_1
源氏物語『御法』 このテキストでは、源氏物語『御法』の章から、「風すごく吹き出でたる夕暮に〜」から始まる部分のわかりやすい現代語訳・口語訳とその解説を記しています。書籍によっては「紫の上の死」、... (全て読む)
9_80
Text_level_1
源氏物語『御法・紫の上の死』の原文・現代語訳と解説 このテキストでは、源氏物語『御法』の章の一節の「秋待ちつけて、世の中少し涼しくなりては〜」から始まる部分の原文、わかりやすい現代語訳・口語訳と... (全て読む)
9_80
Text_level_1
源氏物語『御法』 ここでは、源氏物語の『御法』の章から、「風すごく吹き出でたる夕暮れに〜」から始まる部分の品詞分解をしています。書籍によっては「紫の上の死」、「萩の上露」と題するものもあるようで... (全て読む)
9_80
Text_level_1
源氏物語『御法』 ここでは、源氏物語の『御法』の章から、「秋待ちつけて、世の中少し涼しくなりては」から始まる部分の品詞分解をしています。書籍によっては「紫の上の死」、「萩の上露」と題するものもあ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
源氏物語『御法』 ここでは、源氏物語の『御法』の章から、「宮も、帰り給はで、かくて見奉り給へるを〜」から始まる部分の現代語訳・口語訳とその解説を記しています。書籍によっては「紫の上の死」、「荻の... (全て読む)
9_80
Text_level_1
源氏物語『御法』 ここでは、源氏物語の『御法』の章から、「御物の怪などの、これも〜」から始まる部分の現代語訳・口語訳とその解説をしています。書籍によっては「紫の上の死」、「荻の上露」と題するもの... (全て読む)
9_80
Text_level_1
とまる/止まる/留まる このテキストでは、ラ行四段活用の動詞「とまる/止まる/留まる」の意味、活用、解説とその使用例を記している。 [ad 001] 「とまる」には ①止まる/留まる ②泊まる ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
だいり/内裏 このテキストでは、古文単語「だいり/内裏」の意味、解説とその使用例を記している。 [ad 001] 「だいり」には ①内裏 ②大理 などの用法があるが、ここでは「①内裏」を扱う。 ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
ことのほかなり/殊の外なり このテキストでは、ナリ活用の形容動詞「ことのほかなり/殊の外なり」の意味、活用、解説とその使用例を記している。 [ad 001] 形容動詞・ナリ活用 |未然形|ことの... (全て読む)
9_80
Text_level_1
むなし/空し/虚し 形容詞・シク活用 |未然形|むなしく|むなしから| |連用形|むなしく|むなしかり| |終止形|むなし|◯| |連体形|むなしき|むなしかる| |已然形|むなしけれ|◯| |... (全て読む)

1

2

3

4