新規登録 ログイン
検索条件
タグ ある者、子を法師になして

1

2

3

4

9_80
Text_level_1
徒然草『ある者、子を法師になして』 ここでは、徒然草の188段『ある者、子を法師になして』の現代語訳・口語訳とそのと解説を記しています。 [ad 001] ※徒然草は兼好法師によって書かれたとさ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
徒然草『ある者、子を法師になして』 ここでは、徒然草の中の『ある者、子を法師になして』の品詞分解をしています。 現代語訳はこちら 徒然草『ある者、子を法師になして』の現代語訳と解説 品詞分解 ※... (全て読む)
9_80
Text_level_1
すなはち/即ち/則ち/乃ち このテキストでは、古文単語「すなはち/即ち/則ち/乃ち」の意味、解説とその使用例を記している。 [ad 001] 「すなはち」には ①名詞 ②副詞 ③接続詞 の用法が... (全て読む)
9_80
Text_level_1
なす/為す/成す このテキストでは、サ行四段活用の動詞「なす/為す/成す」の意味、活用、解説とその使用例を記している。 [ad 001] 「なす」には ①為す/成す ② 寝す ③生す などの用法... (全て読む)
9_80
Text_level_1
なべて このテキストでは、古文単語「なべて」の意味、解説とその使用例を記している。 [ad 001] 副詞 意味1 総じて、すべて、おしなべて、一般に。 [出典]: ある者、子を法師になして 徒... (全て読む)
9_80
Text_level_1
まぎる/紛る このテキストでは、ラ行下二段活用の動詞「まぎる/紛る」の意味、活用、解説とその使用例を記している。 [ad 001] ラ行下二段活用 |未然形|まぎれ| |連用形|まぎれ| |終止... (全て読む)
9_80
Text_level_1
いづかた/何方 このテキストでは、古文単語「いづかた/何方」の意味、解説とその使用例を記している。 [ad 001] 代名詞 意味1 どこ、どちら、どの方向。 [出典]: ゆく河の流れ 方丈記 ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
すこしも/少しも このテキストでは、古文単語「すこしも/少しも」の意味、解説とその使用例を記している。 [ad 001] 副詞 意味1 少しでも、いささかでも。 [出典]: ある者、子を法師にな... (全て読む)
9_80
Text_level_1
のどかなり/長閑なり このテキストでは、ナリ活用の形容動詞「のどかなり/長閑なり」の意味、活用、解説とその使用例を記している。 [ad 001] ※「長閑かなり」とも。 形容動詞・ナリ活用 |未... (全て読む)
9_80
Text_level_1
ため/為 このテキストでは、古文単語「ため/為」の意味、解説とその使用例を記している。 [ad 001] 名詞 意味1 〜のために、利益となるようにすること。 [出典]:古今和歌集/小倉百人一首... (全て読む)

1

2

3

4