新規登録 ログイン
検索条件
タグ 亡児

1

2

3

4

9_80
Text_level_1
土佐日記『亡児』 このテキストでは、紀貫之が書いたとされる土佐日記の一節「二十七日。大津より浦戸をさして〜」から始まる箇所の現代語訳・口語訳とその解説を記しています。 [ad 001] 書籍によ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
土佐日記『亡児』の品詞分解 このテキストでは、紀貫之が書いたとされる土佐日記「二十七日。大津より浦戸をさして〜」から始まる箇所の品詞分解を行っています。この章と「十一日、暁に舟を出だして、室津を... (全て読む)
9_80
Text_level_1
土佐日記『亡児』の品詞分解 このテキストでは、紀貫之が書いたとされる土佐日記の中から、「十一日、暁に舟を出だして、室津を追ふ〜」から始まる箇所の品詞分解を行っています。この章と「二十七日。大津よ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
をさなし/幼し このテキストでは、ク活用の形容詞「をさなし/幼し」の意味、活用、解説とその使用例を記している。 [ad 001] 形容詞・ク活用 |未然形|をさなく|をさなから| |連用形|をさ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、土佐日記の一節「 二十七日。大津より浦戸をさして〜」から始まる部分や、宇治拾遺物語などに収録されている歌「都へと思ふをものの悲しきは帰らぬ人のあればなりけり」の現代語... (全て読む)
9_80
Text_level_1
土佐日記『亡児』 このテキストでは、土佐日記の一節、「十一日。暁に舟を出だして、室津を追ふ〜」から始まる箇所の現代語訳・口語訳とその解説を記しています。土佐日記の作者は紀貫之です。 [ad 00... (全て読む)
9_80
Text_level_1
いそぎ/急ぎ このテキストでは、古文単語「いそぎ/急ぎ」の意味、解説とその使用例を記している。 [ad 001] 成り立ち ガ行四段活用の動詞「いそぐ」の連用形が名詞化したもの。 名詞 意味1 ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
こぎいづ/漕ぎ出づ このテキストでは、ダ行下二段活用の動詞「こぎいづ/漕ぎ出づ」の意味、活用、解説とその使用例を記している。 [ad 001] ダ行下二段活用 |未然形|こぎいで| |連用形|こ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
かなしぶ/悲しぶ このテキストでは、バ行四段活用の動詞「かなしぶ/悲しぶ」の意味、活用、解説とその使用例を記している。 [ad 001] 「かなしぶ」には ①愛しぶ ②悲しぶ などの用法があるが... (全て読む)
9_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、土佐日記の一節「 二十七日。大津より浦戸をさして〜」から始まる部分に収録されている歌「あるものと忘れつつなほなき人をいづらと問ふぞ悲しかりける」の現代語訳・口語訳と解... (全て読む)

1

2

3

4