新規登録 ログイン
検索条件
タグ 大伴家持

1

2

3

4

1_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、万葉集でに収録されている歌「新しき年の初めの初春の 今日降る雪のいやしけ吉事」の原文、現代語訳(口語訳)そしてその解説を記しています。 [ad 001] ※万葉集は、... (全て読む)
9_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、万葉集に収録されている歌「春の園紅にほふ桃の花下照る道に出で立つをとめ」の現代語訳・口語訳と解説、そしてその品詞分解をしています。 [ad 001] 書籍によっては、... (全て読む)
9_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、万葉集でに収録されている歌「うらうらに照れる春日にひばり上がり情悲しもひとりし思へば」の現代語訳・口語訳と解説、そしてその品詞分解を記しています。 [ad 001] ... (全て読む)
1_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、万葉集で詠まれている「春の野に 霞たなびきうら悲し この夕かげに 鶯鳴くも」という歌について説明していきます。 原文 春の野に 霞たなびきうら悲し この夕かげに 鶯鳴... (全て読む)
9_80
Text_level_1
はじめに ここでは、大伴家持が詠んだ歌で、万葉集に収録されている「春の野に霞たなびきうら悲しこの夕影に鶯鳴くも」の現代語訳と品詞分解をしています。 原文 春の野に霞たなびきうら悲しこの夕影に鶯鳴... (全て読む)
17_80
Text_level_2
天平文化 律令制度は中央集権的な国家運営が目指され、その結果日本各地から様々な富が中央に集まりました。皇族や貴族は、これらの富を享受し、平城京を中心に貴族文化が花開きました。 この文化を聖武天皇... (全て読む)
9_80
Text_level_1
あかし/明かし このテキストでは、ク活用の形容詞「あかし/明かし」の意味、活用、解説とその使用例を記している。 [ad 001] 形容詞・ク活用 |未然形|あかく|あかから| |連用形|あかく|... (全て読む)
9_80
Text_level_1
にほふ/匂ふ このテキストでは、古文単語「にほふ/匂ふ」の意味、活用、解説とその使用例を記しています。 [ad 001] 「にほふ」には、 ①ハ行四段活用 ②ハ行下二段活用 の用法がある。 ①ハ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
かつ このテキストでは、古文単語「かつ」の意味、活用、解説とその使用例を記している。 [ad 001] ※「かつ」は ①副詞 ②接続詞 としての用法がある。 ①副詞 意味1 一方では。 [出典]... (全て読む)
9_80
Text_level_1
したでる/下照る このテキストでは、ラ行四段活用の動詞「したでる/下照る」の意味、解説とその使用例を記している。 [ad 001] ラ行四段活用 |未然形|したでら| |連用形|したでり| |終... (全て読む)

1

2

3

4