新規登録 ログイン

9_80 文章の読み解き / 文章の読み解き

大鏡『花山院の出家・花山天皇の出家・花山院の退位(花山寺におはしましつきて〜)』の現代語訳

著者名: 走るメロス
Text_level_1
マイリストに追加
『花山院の出家』

ここでは、大鏡の中の『花山院の出家』(花山寺におはしましつきて〜)の現代語訳・口語訳とその解説をしています。 書籍によっては「花山天皇の出家」、「花山院の退位」と題するものもあるようです。

前回のテキスト
「あはれなることは〜」のわかりやすい現代語訳

原文(本文)

花山寺におはしましつきて、御髪下ろさせ給ひて後にぞ、粟田殿は、

まかり出でて、大臣にも、変はらぬ姿、いま一度見え、かくと案内申して、必ず参り侍らむ。」


と申し給ひければ、

「我をば謀るなりけり。」


とてこそ泣かせ給ひけれ。あはれに悲しきことなりな。日ごろ、よく、

「御弟子にて候はむ。」


契りて、すかし申し給ひけむがおそろしさよ。東三条殿は、

「もしさることやし給ふ。」


と危ふさに、さるべくおとなしき人々、なにがしかがしといふいみじき源氏の武者たちをこそ、御送り添へられたりけれ。京のほどは隠れて、堤の辺よりぞうち出で参りける。寺などにては、

「もし、おして人などやなし奉る。」


とて、一尺ばかりの刀どもを抜きかけてぞ守り申しける。


現代語訳(口語訳)

(帝が)花山寺にご到着になられて、ご剃髪なされた後に、粟田殿は、

「退出して、(父である)大臣にも、(出家前の)変わらない(自分の)姿を、もう一度見せて、かれこれと(天皇と一緒に出家する)事情を申し上げて、必ず(戻って)参りましょう。」


と申し上げましたところ、(帝は)

「私をだましたのだな。」


といってお泣きになられました。気の毒で不憫なことでございます。(粟田殿は)常々よく、

「(一緒に出家して、帝の)お弟子としてお仕え申し上げましょう。」


と約束していて、(そうやって帝を)おだまし申し上げなさったとかいうことが恐ろしいことでございます。東三条殿(粟田殿の父=藤原兼家)は、

「万が一、(帝と一緒に)出家することがないのではないか。」


と危惧して、(帝と一緒に出家させないようにする)そのような思慮分別のある者たちや、なにがし、かがしという優れた源氏の武者たちを、護衛につけられたのです。(その武者たちは)京の辺りでは隠れて(同行し)、堤の辺りからは現れて参りました。花山寺では、

「もしや、無理矢理に誰かが(粟田殿を)出家させ申し上げるのではないか。」


といって、一尺ほどの長さの刀を抜きかけて見張られたのです。

次ページ:品詞分解と単語・文法解説

1ページへ戻る
前のページを読む
1/2
次のページを読む

Tunagari_title
・大鏡『花山院の出家・花山天皇の出家・花山院の退位(花山寺におはしましつきて〜)』の現代語訳

Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
『教科書 高等学校古典B』 第一学習社
『教科書 精選古典B 』三省堂
佐竹昭広、前田金五郎、大野晋 編1990 『岩波古語辞典 補訂版』 岩波書店

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 141,962 pt 
 役に立った数 177 pt 
 う〜ん数 31 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。