新規登録 ログイン

9_80 文章の読み解き / 文章の読み解き

大鏡『花山院の出家』(あはれなることは、おりおはしましける夜は~)のわかりやすい現代語訳と解説

著者名: 走るメロス
Text_level_1
マイリストに追加
大鏡『花山院の出家・中編』の原文・現代語訳と解説

このテキストでは、大鏡の一節『花山院の出家』(あはれなることは、おりおはしましける夜は~)の現代語訳・口語訳とその解説を記しています。 書籍によっては「花山天皇の出家」、「花山院の退位」と題するものもあるようです。





※前回のテキスト:大鏡『花山院の出家』(次の帝、花山院天皇〜)の現代語訳


大鏡とは

大鏡は平安時代後期に成立したとされる歴史物語です。藤原道長の栄華を中心に、宮廷の歴史が描かれています。


原文(本文)

あはれなることは、おりおはしましける夜は藤壺の上の御局の小戸より出でさせ給ひけるに、有明の月のいみじく明かかりければ、

顕証にこそありけれ。いかがすべからむ。」


仰せられけるを、

さりとてとまらせ給ふべきやう侍らず。神璽・宝剣わたり給ひぬるには。」


と粟田殿の騒がし申し給ひけるは、まだ帝出でさせおはしまさざりける先に、手づからとりて、春宮の御方にわたし奉り給ひてければ、帰り入らせ給はむことはあるまじく思して、しか申させ給ひけるとぞ。







さやけき影を、まばゆく思し召しつるほどに、月の顔にむら雲のかかりて、少し暗がりゆきければ、

「わが出家は成就するなりけり。」


と仰せられて、歩み出でさせ給ふほどに、弘徽殿の女御の御文の、日ごろ破り残して御身も放た御覧じけるを思し召し出でて、

しばし。」


とて、取りに入りおはしましけるほどぞかし、粟田殿の、

「いかにかくは思し召しならせおはしましぬるぞ。ただ今過ぎば、おのづから障りも出でまうで来なむ。」


と、そら泣きし給ひけるは。







さて、土御門より東ざまにて出だし参らせ給ふに、晴明が家の前をわたらせ給へば、みづからの声にて、手をおびたたしく、はたはたと打ちて、

「帝おりさせ給ふと見ゆる天変ありつるが、すでになりにけりと見ゆるかな。参り奏せむ。車に装束疾うせよ。」


といふ声聞かせ給ひけむ、さりともあはれには思し召しけむかし。

かつがつ、式神一人内裏に参れ。」


と申しければ、目には見えぬものの、戸をおしあけて、御後ろをや見参らせけむ、

「ただ今これより過ぎさせおはしますめり。」


と答へけりとかや。その家、土御門町口なれば、御道なりけり。


※つづき:大鏡『花山院の出家』(花山寺におはしましつきて〜)の現代語訳





現代語訳(口語訳)

お気の毒に思いますことには、(天皇の位を)お下りになられた夜は、藤壺の上のお部屋の小戸からお出になられたところ、有明けの月が大変明るかったので、(花山院天皇が)

「(これでは)目立ちすぎることよ。どうしたものだろうか。」

とおっしゃったのですが、

「そうはいっても、(出家を)取りやめなさることができるものではございません。(天皇の位に在位している証である)神璽・宝剣が(すでに皇太子へと)お渡りになりましたので。」


と粟田殿がせきたて申し上げられたわけは、まだ花山院天皇がご出発にならなかった前に、(粟田殿が)自ら(神璽・宝剣を)取って、皇太子の御方にお渡し申し上げなさっていたので、(花山院天皇が屋敷へと)お帰りになられるようなことがあってはならないとお思いになって、そのように申し上げなさったとのことです。





明るくてはっきりしている月の光をまぶしくお思いになっている間に、月にむら雲がかかって、少し暗くなったので、(花山院天皇が)

「私の出家は成し遂げられるのだなあ。」


と仰られて、歩いてお出になるときに、(花山天皇は)弘徽殿の女御のお手紙で、普段破り捨てずに残して、肌身離さずご覧になっていたものをお思い出しになって、

「少しの間(待っておれ)。」


とおっしゃって、(屋敷の中に)取りにお入りになられたそのとき、粟田殿が

「どうしてそのように(お手紙を持って行こうと)お思いになられたのですか。今が過ぎれば、自然と(人の目を避けて出て行くのに)支障もでて参るに違いありません。」


と嘘泣きをなさったのです。





さて、(粟田殿が)土御門から東の方角へと(花山院天皇を)お連れ出し申し上げなさったところ、安倍晴明の家の前をお通りになさると、(安倍晴明が)手を激しく、ぱちぱちとたたいて、

「天皇がご退位なさると思われる天の異変がありますが、すでになってしまったと思われます。(宮廷へと)参内して奏上しよう。牛車の支度を早くしなさい。」


という声をお聞きになられたであろう(花山院天皇のお気持ちは)、そう(ご自身で出家を決められた)はいっても心引かれることとお思いになられたでしょう。





「ひとまず、式神が一人、御所へ参内しなさい。」

と(安倍晴明が)申したところ、人の目には見えない何かが、戸を押し開けて、(花山院天皇の)御後ろ姿を見申し上げたのでしょうか、(式神は)

「たった今、ここをお通りになっていらっしゃるようです。」


と答えたとかいうことです。安倍晴明の家は、土御門大路と町口通りとが交差する場所にあるので、(花山院天皇が向かう花山寺への)お道筋だったのでした。


※つづく:大鏡『花山院の出家』(花山寺におはしましつきて〜)の現代語訳

次ページ:品詞分解と単語解説

1ページへ戻る
前のページを読む
1/2
次のページを読む

Tunagari_title
・大鏡『花山院の出家』(あはれなることは、おりおはしましける夜は~)のわかりやすい現代語訳と解説

Related_title
もっと見る 

Keyword_title

Reference_title
ベネッセ全訳古語辞典 改訂版 Benesse
『教科書 高等学校古典B』 第一学習社
『教科書 精選古典B 』三省堂
全訳読解古語辞典 第四版 三省堂

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 688,778 pt 
 役に立った数 405 pt 
 う〜ん数 125 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。