新規登録 ログイン

9_80 文章の読み解き / 文章の読み解き

高校古文『流れゆくわれはみづくとなりはてぬ君しがらみとなりてとどめよ』わかりやすい現代語訳と品詞分解

著者名: 走るメロス
Text_level_1
マイリストに追加
はじめに

このテキストでは、大鏡北野天神縁起などに収録されている歌「流れゆくわれはみづくとなりはてぬ君しがらみとなりてとどめよ」の現代語訳・口語訳と解説、そして品詞分解をしています。作者は菅原道真です。

※北野天神縁起には、

流れゆくわれはみづくとなりぬとも 君しがらみとなりてとどめよ

と収録されています。

原文

流れゆく われはみづくと なりはてぬ 君しがらみと なりてとどめよ

ひらがなでの読み方

ながれゆく われはみづくと なりはてぬ きみしがらみと なりてとどめよ

現代語訳

(太宰府へと)流れていく私は、水の藻屑のような身になってしまいました。我が君よ、どうか(水屑をせき止める)しがらみとなって、私をとどめてください。

解説

学者の身分でありながら、宇多天皇、醍醐天皇の信任を得て、右大臣にまで昇り詰めた菅原道真のことをよく思っていなかった、左大臣藤原時平をはじめとするアンチ菅原道真派の策略により、菅原道真は太宰府へと左遷されることとなりました。このとき、天皇は宇多天皇からその息子の醍醐天皇へと譲位されています。醍醐天皇の治世でも出世を続けた菅原道真でしたが、宇多天皇の退位により最大の後ろ盾を失ったことが、左遷を防げなかった大きな理由でした。

この歌にある「君」とは宇多法王(退位後、出家して法王となった)のことを指し、菅原道真が宇多法王に救いを求めた内容の歌となっています。

品詞分解

※名詞は省略しています。

流れラ行下二段活用「ながる」の連用形
ゆくカ行四段活用「ゆく」の連体形
われ代名詞
係助詞
水屑
格助詞
なりはてタ行下二段活用「なりはつ」の連用形
完了の助動詞「ぬ」の終止形
しがらみ
格助詞
なりラ行四段活用「なる」の連用形
接続助詞
とどめよマ行下二段活用「とどむ」の命令形

Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
『教科書 精選古典B 』三省堂
ベネッセ全訳古語辞典 改訂版 Benesse
教科書『精選古典B 新版』東京書籍

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 1,848 pt 
 役に立った数 1 pt 
 う〜ん数 2 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。