新規登録 ログイン

9_80 文章の読み解き / 文章の読み解き

『志賀の浦や遠ざかりゆく波間より凍りて出づる有明の月』 現代語訳と品詞分解・文法解説

著者名: 走るメロス
Text_level_1
マイリストに追加
はじめに

このテキストでは、新古今和歌集で詠まれている「志賀の浦や遠ざかりゆく波間より凍りて出づる有明の月」という歌について説明していきます。藤原家隆が詠んだ歌です。

原文

志賀の浦遠ざかりゆく波間より凍りて出づる有明の月

現代語訳(口語訳)

志賀の浦。(夜が更けることで海面が凍って)波打ち際が遠ざかっていく。その波の間から、波と同じく凍りついたかのように光を放って上がって行く有明の月よ。

解説・鑑賞のしかた

寒い地域の冬になると、夜になるにつれて海が凍って行きます。岸辺から凍っていくので、夜が更けると波打ち際が昼間よりももっと岸から離れたところになります。「遠ざかりゆく波間」とはこのことを表しています。そして、その遠く離れた波間から、月が凍ったように冷たい光をはなちながら上がって行ったということですね。

単語


志賀の浦近江国の歌枕。志賀の浦と言えば近江国のことを指す
遠ざかりゆく波間氷は岸の方からはっていくので、夜が更けるにつれてだんだんと岸から遠くなっていく波間のこと
凍りて出づる凍ったように、冷え冷えとした光をはなっている
有明の月夜遅くに出て翌朝まで残る下弦の月のこと


品詞分解

※名詞は省略してあります。

志賀の浦
(間接助詞)
遠ざかりゆく(カ行四段活用・連体形)
波間
より(格助詞)
凍り(ラ行四段活用)
(接続助詞)
出づる(ダ行下二段活用・連体形)
有明
(格助詞)

Related_title
もっと見る 

Keyword_title

Reference_title
佐竹昭広、前田金五郎、大野晋 編1990 『岩波古語辞典 補訂版』 岩波書店
『教科書 精選国語総合』 東京書籍
『教科書 高等学校国語 国語総合』 東京書籍
『教科書 国語総合 古文編』 教育出版

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 54,698 pt 
 役に立った数 49 pt 
 う〜ん数 12 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。