新規登録 ログイン

9_80 ことば / 単語

古文単語「さしも/然しも」の意味・解説【副詞】

著者名: 走るメロス
Text_level_1
マイリストに追加
さしも/然しも

このテキストでは、古文単語「さしも/然しも」の意味、解説とその使用例を記している。

※副詞「さ」と副助詞「しも」が一語になったもの。
副詞

意味1

あれほどまで、あんなにも、そんなにも

[出典]安元の大火 方丈記
「人の営み、みな愚かなる中に、さしも危ふき京中の家を作るとて、財(たから)を費やし、心を悩ますことは、すぐれてあぢきなくぞはべる。」

[訳]:人間のすることはみな愚かであるが、(その中でも大火に見舞われた)あんなにも危険な都の中の家を建てるといって、財産を浪費し、心を苦しめることは、際立って甲斐のないことである。


意味2

それほど、大して、あまり

※下に打消や反語表現を伴って用いられる。
[出典]:正月一日は 枕草子
「例はさしもさるもの目近からぬ所に...」

[訳]:普段はそれほどそんなもの(若菜)は見慣れていない所(宮中)で...

Related_title
もっと見る 

Keyword_title

Reference_title
ベネッセ全訳古語辞典 改訂版 Benesse
全訳読解古語辞典 第四版 三省堂

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 2,887 pt 
 役に立った数 0 pt 
 う〜ん数 0 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。