新規登録 ログイン

9_80 文章の読み解き / 文章の読み解き

伊勢物語『忘れては夢かとぞ思ふ思ひきや雪踏み分けて君を見むとは』わかりやすい現代語訳・解説と品詞分解

著者名: 走るメロス
Text_level_1
マイリストに追加
はじめに

このテキストでは、伊勢物語の83段『小野の雪』や古今和歌集に収録されている歌「忘れては夢かとぞ思ふ思ひきや雪踏み分けて君を見むとは」の現代語訳・口語訳と解説、そして品詞分解を記しています。

原文

忘れては夢かとぞ思ふ思ひき(※1)や雪踏み分けて君をむとは

ひらがなでの読み方

わすれては ゆめかとぞおもふ おもひきや ゆきふみわけて きみをみむとは

現代語訳

(あなた様が出家されたという現実を)ふと忘れて、夢なのではないかと思います。(ご出家なさる前に)思ったことがあったでしょうか(いや思いもしませんでした)。雪を踏み分けて(このようなところで)あなた様にお目にかかることになろうとは。

解説

伊勢物語『小野の雪』や古今和歌集の詞書には次のように書かれています。

惟喬親王の馬の頭を努めていた老人は、出家された惟喬親王を訪ねて、小野という土地を訪れます。小野は比叡山の麓にあるので、雪がたいそう高く降り積もっていました。惟喬親王の御庵室に参上したところ、惟喬親王はしんみりと大変悲しげな様子でいらっしゃったので、馬の頭は昔のことなどを思い出してお話し申し上げました。そのままそこに留まりたいと思う馬の頭ですが、朝廷での務めもあり、泣く泣く都に帰って来た後に詠んで送った歌です。

単語・文法解説

(※1)や

反語を表す終助詞または係助詞。

句切れ

二句切れ、三句切れ。

品詞分解

※名詞は省略しています。

忘れラ行下二段活用「わする」の連用形
接続助詞
係助詞
係助詞または終助詞
格助詞
係助詞
思ふハ行四段活用「おもふ」の連体形
思ひハ行四段活用「おもふ」の連用形
過去の助動詞「き」の終止形
係助詞または終助詞
踏み分けカ行下二段活用「ふみわく」の連用形
接続助詞
格助詞
マ行上一段活用「みる」の未然形
推量の助動詞「む」の終止形
格助詞
係助詞

Related_title
もっと見る 

Keyword_title

Reference_title
全訳読解古語辞典 第四版 三省堂
ベネッセ全訳古語辞典 改訂版 Benesse

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 10,464 pt 
 役に立った数 19 pt 
 う〜ん数 6 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。