新規登録 ログイン
検索条件
タグ 小野の雪

1

2

3

4

9_80
Text_level_1
伊勢物語『小野の雪』 このテキストでは、伊勢物語の第八十三段、「小野の雪」(昔、水無瀬に通ひ給ひし惟喬親王、例の狩りしにおはします供に〜)の現代語訳・口語訳とその解説を記しています。 [ad 0... (全て読む)
9_80
Text_level_1
伊勢物語「小野の雪」 このテキストでは、伊勢物語の83段「小野の雪」(昔、水無瀬に通ひたまひし惟喬親王〜)の品詞分解と敬意の向きを記しています。 [ad 001] ※現代語訳: 『小野の雪』わか... (全て読む)
9_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、伊勢物語の83段『 小野の雪』などに収録されている歌「枕とて草ひき結ぶこともせじ秋の夜とだに頼まれなくに」の現代語訳・口語訳と解説、そして品詞分解を記しています。 原... (全て読む)
9_80
Text_level_1
いづ/出づ ダ行下二段活用 |未然形|いで| |連用形|いで| |終止形|いづ| |連体形|いづる| |已然形|いづれ| |命令形|いでよ| 意味1:自動詞 中から外に出る、出現する、発生する。... (全て読む)
9_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、伊勢物語の83段『 小野の雪』や古今和歌集に収録されている歌「忘れては夢かとぞ思ふ思ひきや雪踏み分けて君を見むとは」の現代語訳・口語訳と解説、そして品詞分解を記してい... (全て読む)
9_80
Text_level_1
みや/宮 名詞 意味1 皇居、御所、皇族の住居。 [出典]: 小野の雪 伊勢物語 「日ごろ経て、宮に帰り給うけり。」 [訳]:何日か経って、御所にお帰りになりました。 意味2 (伊勢神宮や熱田神... (全て読む)
9_80
Text_level_1
ひごろ/日頃/日比 ※「ひごろ」は ①名詞 ②副詞 としての用法がある。 ①名詞 意味1 数日の間、幾日か。 [出典]: 小野の雪 伊勢物語 「日ごろ経て、宮に帰り給うけり。」 [訳]:何日か経... (全て読む)
9_80
Text_level_1
さても/然ても 「さても」には ①副詞 ②接続詞 ③感動詞 の用法がある。 ①副詞 意味1 そうであっても、それでも。 [出典]:若紫 源氏物語 「昼はさてもまぎらはしたまふを、夕暮となれば、い... (全て読む)
9_80
Text_level_1
やや/良/稍/漸 「やや」には ①副詞 ② 感動詞 などの用法があるが、ここでは「①副詞」を扱う。 副詞 意味1 少し、かなり、相当。 [出典]: 小野の雪 伊勢物語 「やや久しく候ひて、いにし... (全て読む)
9_80
Text_level_1
おもひのほかなり/思ひのほかなり 形容動詞・ナリ活用 |未然形|おもひのほかなら|◯| |連用形|おもひのほかなり|おもひのほかに| |終止形|おもひのほかなり|◯| |連体形|おもひのほかなる... (全て読む)

1

2

3

4