新規登録 ログイン

9_80 文法 / 文法

土佐日記『門出』(二十三日。八木のやすのりといふ人あり〜)の品詞分解

著者名: 走るメロス
Text_level_1
マイリストに追加
土佐日記『門出』

このテキストでは、土佐日記の一節『門出』のうち、「二十三日。八木のやすのりといふ人あり」から始まる部分の品詞分解を記しています。




※土佐日記は平安時代に成立した日記文学です。日本の歴史上おそらく最初の日記文学とされています。作者である紀貫之が、赴任先の土佐から京へと戻る最中の出来事をつづった作品です。

※前回のテキスト:土佐日記『男もすなる日記といふものを〜』の品詞分解

品詞分解

※名詞は省略しています。




二十三日。八木のやすのりといふ人あり。この人、国に必ずしも言ひ使ふ者にもあらざなり。これぞ、たたはしきやうにて馬のはなむけしたる。

二十三日。
八木のやすのり
格助詞
いふハ行四段活用「いふ」の連体形
あり。ラ行変格活用「あり」の終止形
代名詞
格助詞
人、
格助詞
必ずしも副詞または「副詞」必ず+副助詞「しも」
言ひ使ふハ行四段活用「いひつかふ」の連体形
断定の助動詞「なり」の連用形
係助詞
あらラ行変格活用「あり」の未然形
打消の助動詞「ず」の連体形「ざる」の撥音便の無表記
なり。推定の助動詞「なり」の終止形
これ代名詞
ぞ、係助詞
たたはしきシク活用の形容詞「たたはし」の連体形
やう
断定の助動詞「なり」の連用形
て、接続助詞
馬のはなむけ
サ行変格活用「す」の連用形
たる。完了の助動詞「たり」の連体形






守柄にやあらむ、国人の心の常として、「今は。」とて見えざなるを心ある者は恥ぢずになむ来ける。これは、物によりて褒むるにしもあらず。

守柄
断定の助動詞「なり」の連用形
係助詞
あらラ行変格活用「あり」の未然形
む、推量の助動詞「む」の連体形
国人
格助詞
格助詞
格助詞
して、接続助詞
「今
は。」係助詞
格助詞
接続助詞
見えヤ行下二段活用「みゆ」の未然形
打消の助動詞「ず」の連体形「ざる」の撥音便の無表記
なる伝聞の助動詞「なり」の連体形
を、接続助詞
心あるラ行変格活用「こころあり」の連体形または連語:名詞「心」+ラ行変格活用「あり」の連体形
は、係助詞
恥ぢダ行上二段活用「はづ」の未然形
打消の助動詞「ず」の連用形
格助詞
なむ係助詞
カ行変格活用「く」の連用形
ける。過去・詠嘆の助動詞「けり」の連体形
これ代名詞
は、係助詞
格助詞
よりラ行四段活用「よる」の連用形
接続助詞
褒むるマ行下二段活用「ほむ」の連体形
断定の助動詞「なり」の連用形
しも副助詞
あらラ行変格活用「あり」の未然形
ず。打消の助動詞「ず」の終止形


1ページへ戻る
前のページを読む
1/2
次のページを読む

Tunagari_title
・土佐日記『門出』(二十三日。八木のやすのりといふ人あり〜)の品詞分解

Related_title
もっと見る 

Keyword_title

Reference_title
『教科書 高等学校 新訂国語総合』 第一学習社
『教科書 精選国語総合』 三省堂
『教科書 精選国語総合』 大修館書店
佐竹昭広、前田金五郎、大野晋 編1990 『岩波古語辞典 補訂版』 岩波書店
『教科書 高等学校 国語総合』 第一学習社

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 92,530 pt 
 役に立った数 231 pt 
 う〜ん数 36 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ