新規登録 ログイン
検索条件
タグ 馬のはなむけ

1

2

3

4

9_80
Text_level_1
土佐日記『馬のはなむけ・門出』 このテキストでは、 土佐日記の冒頭「馬のはなむけ・門出(男もすなる日記といふものを〜)の原文、現代語訳・口語訳とその解説を記しています。 [ad 001] ※ 土... (全て読む)
9_80
Text_level_1
土佐日記『門出』 このテキストでは、 土佐日記の一節『門出』の「男もすなる日記といふものを」から始まる部分の原文、現代語訳・口語訳とその解説を記しています。書籍によっては、「馬のはなむけ」と題す... (全て読む)
9_80
Text_level_1
『馬のはなむけ』(門出) このテキストでは、 土佐日記『馬のはなむけ』(門出)でテストに出題されそうな問題をピックアップしていきます。 [ad 001] 次の文章を読み、問いに答えよ 男もすなる... (全て読む)
9_80
Text_level_1
土佐日記『門出』 ここでは、土佐日記の中の『門出』の「二十三日。八木のやすのりといふ人あり」から始まる部分の品詞分解を行っています。 ※前回のテキスト: 『男もすなる日記といふものを〜』の品詞分... (全て読む)
9_80
Text_level_1
みる/見る このテキストでは、マ行上一段活用の動詞「みる/見る」の意味、活用、解説とその使用例を記している。 [ad 001] マ行上一段活用 |未然形|み| |連用形|み| |終止形|みる| ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
なむ/なん このテキストでは、古文単語「なむ/なん」の意味、活用、解説とその使用例を記しています。 [ad 001] 「なむ/なん」には、 ・係助詞 ・終助詞 ・ 連語 ・ 助動詞 ・ 動詞 ・... (全て読む)
9_80
Text_level_1
しる/知る このテキストでは、古文単語「しる/知る」の意味、活用、解説とその使用例を記しています。 [ad 001] 「しる」には ①「知る」 ②「 治る/領る」 ③「 痴る」 などの用法があり... (全て読む)
9_80
Text_level_1
冒頭 男もすなる日記といふものを、女もしてみむとて、するなり。 門出 十二月廿一日 それの年の十二月(しはす)の廿日あまり一日の日の戌の刻に門出す。そのよし、いささかにものに書きつく。   ある... (全て読む)
9_80
Text_level_1
げゆ/解由 このテキストでは、古文単語「げゆ/解由」の意味、解説とその使用例を記している。 [ad 001] 名詞 意味 解由状。 ※解由状とは、国司が交代するときに、引き継ぎが完了したことの証... (全て読む)
9_80
Text_level_1
とかく このテキストでは、古文単語「とかく」の意味、解説とその使用例を記している。 [ad 001] 副詞 意味1 あれこれと、何やかやと。 [出典]: 馬のはなむけ・門出 土佐日記 「年ごろ、... (全て読む)

1

2

3

4