新規登録 ログイン

10_80 文章の読み解き / 文章の読み解き

論語『長沮・桀溺』口語訳(現代語訳)・書き下し文と解説

著者名: 走るメロス
Text_level_1
マイリストに追加

現代語訳(口語訳)

長沮と桀溺が並んで畑を耕していました。
孔子がそこを通りかかったとき、(弟子の)子路に川の渡し場がどこにあるのかを(彼らに)尋ねさせました。
長沮が言いました。
「あの手綱をとっているのは誰ですか。」と。


子路が言いました。
「孔丘(孔子のこと)です。」と。


長沮が言いました。
「それは魯の孔丘ですか。」と。


(子路が)答えて言いました。
「そうです。」と。


(長沮が)言いました。
「それであれば渡し場ぐらい知っているはずでしょう。」と。


(困った子路は)桀溺に尋ねました。
桀溺が言いました。
「あなたはどなたですか。」と。


(子路は)言いました。
「仲由と言います。」と。


(桀溺が)言いました。
「それは魯の孔丘の弟子(の仲由)ですか。」と。


(子路は)答えて言いました。
「そうです。」と。


桀溺が言いました。
「水がとどまることなく流れる様子は、天下のものすべてがそうです。
それなのに(あなたは)誰と一緒ににこの世の中の原理を変えようとしているのでしょうか。
あなたも、(孔丘のように)人を避ける士に従うよりは、(我々のように)世を避ける者に従った方がよいのではないですか。」と。


(そう言って)畑に種をまいて土をかぶせることをやめませんでした。

子路は(孔子のもとに)戻って報告しました。
孔子は失望して言いました。
「(長沮や桀溺のように隠遁して)鳥や獣と群れを同じにすることはできない。
私はこの現実世界の人たちとともに生きるのでなければ、一体誰とともに生きるというのであろうか、いや生きることはできない。
天下において正しい道が行われているのならば、私は世の中の人々とともに(この世の中を)変えようとするものか。(行われていないから変えようとしているのだ)」と。


単語・文法解説

使子路問津焉「使」は使役を表す。「使AB」で「AをしてB(せ)しむ」と読み「AにBさせる」と訳す
滔滔水がとめどなく流れる様
種をまいて土をかぶせる
憮然失望してぼんやりする様


1ページへ戻る
前のページを読む
2/2
次のページを読む

Related_title
もっと見る 

Keyword_title

Reference_title
『教科書 高等学校 古典B 漢文編』 三省堂
鎌田正、米山寅太郎 著 2011 『新漢語林 第二版』大修館書店

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 54,963 pt 
 役に立った数 101 pt 
 う〜ん数 27 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。