新規登録 ログイン

10_80 文章の読み解き / 文章の読み解き

史記『刎頸之交・刎頚の交わり』(既罷帰国〜)現代語訳・書き下し文と解説

著者名: 走るメロス
Text_level_1
マイリストに追加

現代語訳(口語訳)

澠池之会での会談を)終えて、趙に帰国しました。

藺相如の功績が大きかったことから、(趙王は)相如を上卿に任命しました。
(上卿の)位は、廉頗の上でした。
(これが面白くない)廉頗が言いました。
「私は趙の将軍となって、城攻めでも野戦でも大きな功績がある。
しかし藺相如は、ただ口先だけで手柄をたてただけであり、しかも位は私よりも上だ。
そして藺相如はもともとは身分は低い人間だ。
私は恥ずかしくて、藺相如の下にいるのが忍びない。」と。


(廉頗は)宣言して言いました。
「私が藺相如と会ったときは、必ず彼に恥をかかせてやる。」と。



藺相如はこれを聞いて、顔を合わせることをしようとはしませんでした。
藺相如が朝廷に出るたびに、常に病気だといって、廉頗と序列を争おうとはしませんでした。
しばらくして藺相如が外出すると、廉頗を遠くから眺めました。
(すると)藺相如は車を引いて逃げ隠れました。

※つづく:史記『刎頸之交・刎頚の交わり』(於是、舎人相与諫曰〜)

単語解説

上卿朝廷での行事を取り仕切る役職
廉頗之右中国では官職を左右に分けたとき、右の方を格上とした。日本では逆で左が格上
攻城野戦城攻めや野戦
口舌口先
賤人身分の低い人間

1ページへ戻る
前のページを読む
2/2
次のページを読む

Tunagari_title
・史記『刎頸之交・刎頚の交わり』(既罷帰国〜)現代語訳・書き下し文と解説

Related_title
もっと見る 

Keyword_title

Reference_title
『教科書 高等学校 古典B 漢文編』 三省堂
鎌田正、米山寅太郎 著 2011 『新漢語林 第二版』大修館書店

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 123,221 pt 
 役に立った数 95 pt 
 う〜ん数 32 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。