manapedia
更新日時:
源氏物語「車争ひ」(大殿には、かやうの御歩きも〜)のわかりやすい現代語訳と解説
著作名: 走るメロス
5,039 views
源氏物語「車争ひ」

このテキストでは、源氏物語に収録されている「車争ひ」(大殿には、かやうの御歩きも〜)の現代語訳・口語訳とその解説をしています。

原文・本文

(※1)大殿には、かやうの(※2)御歩きをさをさしたまはぬに、御心地さへ悩ましければ、思しかけざりけるを、若き人びと、
「 いでや、おのがどちひき忍びて見はべらむこそ、映えなかるべけれ。(※3)おほよそ人だに、今日の物見には、 大将殿をこそは、あやしき山賤さへ奉らむとすなれ。遠き国々より、妻子を引き具しつつもまうで来なるを。御覧ぜぬは、いとあまりもはべるかな。」

と言ふを、(※4)大宮聞こしめして、
「 御心地よろしき(※5)隙なり。さぶらふ人びともさうざうしげなめり。」

とて、にはかにめぐらし仰せたまひて、見たまふ。

※つづく:「車争ひ」(日たけゆきて、儀式もさざとならぬ〜)のわかりやすい現代語訳と解説

現代語訳・口語訳

葵の上は、このようなお出かけはめったになさらないうえに、(ご懐妊のために)ご気分まですぐれないので、(外出することに)思いをおかけにならなかったのですが、若い女房たちが、
「いやはや、自分たちどうし(だけ)で人目を避けて見物しますようなことは、見栄えがしないに違いないでしょう。(光源氏とご縁のない)世間一般の人でさえ、今日の物見には、対大将殿(光源氏)をこそ、身分が低い田舎者でさえ見申しげようとしているそうです。遠い国々から、妻子を引き連れながら参上してくるそうです。(葵の上が行列の光源氏を)ご覧になられないことは、たいそうあんまりなことでございますよ。」

と言うのを(葵の上の母君である)大宮がお聞きになり、
「ご気分も良い折です。お仕え申し上げる女房たちも物足りないようです。」

と言って、急に(外出の準備をするよう)お触れをお回しになり、(葵の上は行列を)ご覧になります。

※つづく:「車争ひ」(日たけゆきて、儀式もさざとならぬ〜)のわかりやすい現代語訳と解説

品詞分解

源氏物語「車争ひ」(大殿には、かやうの御歩きも〜)の品詞分解

単語

(※1)大殿葵の上。光源氏の正室。光源氏の子を身ごもっている
(※2)御歩き新斎院の御禊の行列を見るためのお出かけ。光源氏も参列している
(※3)おほよそ人世間一般の人
(※4)大宮葵の上の母君
(※5)隙機会、折


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。