manapedia
更新日時:
古文単語「あふぎちらす/扇ぎ散らす」の意味・解説【サ行四段活用】
著作名: 走るメロス
1,751 views
あふぎちらす/扇ぎ散らす

このテキストでは、サ行四段活用の動詞「あふぎちらす/扇ぎ散らす」の意味、活用、解説とその使用例を記している。

サ行四段活用

未然形あふぎちらさ
連用形あふぎちらし
終止形あふぎちらす
連体形あふぎちらす
已然形あふぎちらせ
命令形あふぎちらせ


意味:他動詞

(扇などの物で)
やたらにあおぐ

[出典]にくきもの 枕草子
「さやうの者は、人のもとに来て、居むとする所を、まづ扇してこなたかなたあふぎちらして、塵はき捨て、居もさだまらずひろめきて、狩衣の前巻き入れても居るべし。」

[訳]:そのような者は、人が集まっているところにやってきて、座ろうとする所を、真っ先に扇であちらこちらやたらにあおいで、ほこりをはき捨てて、座った姿勢も落ち着きなく動き、(本来前にのばしておくはずの)狩衣の垂れを(膝の下に)巻き込んで座ったりもするだろう。


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。