manapedia
更新日時:
山上憶良『銀も金も玉も何せむに勝れる宝子に及かめやも』現代語訳と品詞分解
著作名: 走るメロス
109,817 views
はじめに

このテキストでは、万葉集に収録されている歌「銀も金も玉も何せむに勝れる宝子に及かめやも」の現代語訳・口語訳と解説、品詞分解をしています。作者は山上憶良です。



※万葉集は、奈良時代末期に成立したとみられる日本に現存する最古の和歌集です。平成の次の元号である「令和」(2019年5月1日〜)の由来となった『梅花の歌三十二首并せて序』をはじめ、天皇や貴族、役人や農民など様々な身分の人々が詠んだ4500以上の歌が収録されています。
原文

銀も金も玉も何せむに優れる宝子にしかめやも

ひらがなでの読み方

しろかねも くがねもたまも なにせむに まされるたから こにしかめやも

現代語訳(口語訳)

銀も金も宝石も、どうしてそれらより優れている子ども(という宝)に宝として及ぶだろうか。いや及ぶまい。



単語

宝石のこと
及(し)かめやも及ぶだろうか、いや及ばない


品詞分解

※名詞は省略しています。



係助詞
係助詞
係助詞
代名詞
サ行変格活用・未然形
推量の助動詞・連体形
格助詞
勝れラ行四段活用・已然形
存続の助動詞・連体形
宝子
格助詞
及かカ行四段活用・未然形
推量の助動詞・已然形
やも反語を表す係助詞


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。