manapedia
古文単語「けしうはあらず/異しうはあらず」の意味・解説【連語】
著作名: 走るメロス
1,321 views
けしうはあらず/異しうはあらず

ALT

連語

シク活用の形容詞「けし」の連用形「けしく」のウ音便「けしう」と係助詞「は」、ラ行変格活用「あり」の未然形「あら」、そして打消の助動詞「ず」が一語になったもの。

意味1

悪くはない、たいして劣ってはいない

[出典]すける物思ひ 伊勢物語
「昔、若き男、けしうはあらぬ女を思ひけり。」

[訳]:昔、若い男性が、(容姿が)悪くはない女性を愛しました。

※打消の助動詞「ず」が活用して連体形「ぬ」となっている。


意味2

不自然ではない、差支えはない

[出典]:宇治拾遺物語
「さばかり大きにおはする殿の御手に、『大きなる金椀かな。』と見ゆるは、けしうはあらぬ程なるべし。」

[訳]:あれほど大きくていらっしゃる殿のお手に、「大きい金属製のお椀だな。」と見えるのは、(殿の手の大きさに比べて)不自然ではない程度(の大きさ)なのでしょう。


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。