新規登録 ログイン
検索条件
タグ 由来

1

2

3

4

9_80
Text_level_1
月の名前 古典を読むうえで、月の名前を知っていることは大前提です。 1月は睦月、2月は如月、3月は弥生といったように各月は、それぞれ現在とは違った名前で呼ばれていました。 名前が、3月生まれなの... (全て読む)
1_80
Text_level_1
月の名前 古典を読むうえで、月の名前を知っていることは大前提です。 1月は睦月、2月は如月、3月は弥生といったように各月は、それぞれ現在とは違った名前で呼ばれていました。 名前が、3月生まれなの... (全て読む)
8_80
Text_level_1
月の名前 古典を読むうえで、月の名前を知っていることは大前提です。 旧月は当時の人々の季節の感覚を今に伝えています。 1月は睦月、2月は如月、3月は弥生といったように各月は、それぞれ現在とは違っ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
万葉集『梅花の歌三十二首并せて序』 このテキストでは、平成の次の元号である「令和」(2019年5月1日〜)の由来となった万葉集5巻の『 梅花の歌三十二首并せて序』に収録されている和歌を記していま... (全て読む)
9_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、万葉集の第5巻に収録されている「梅の花今咲けるごと散り過ぎずわが家の園にありこせぬかも」(八一六)の現代語訳・口語訳とその解説を記しています。この和歌は、平成の次の元... (全て読む)
9_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、万葉集の第5巻に収録されている「梅の花咲きたる園の青柳はかづらにすべくなりにけらずや」(八一七)の現代語訳・口語訳とその解説を記しています。この和歌は、平成の次の元号... (全て読む)
9_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、万葉集の第5巻に収録されている「春さればまづ咲くやどの梅の花ひとり見つつや春日暮らさむ」(八一八)の現代語訳・口語訳とその解説を記しています。この和歌は、平成の次の元... (全て読む)
9_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、万葉集の第5巻に収録されている「世の中は恋繁しゑやかくしあらば梅の花にもならましものを」(八一九)の現代語訳・口語訳とその解説を記しています。この和歌は、平成の次の元... (全て読む)
9_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、万葉集の第5巻に収録されている「梅の花今盛りなり思ふどちかざしにしてな今盛りなり」(八二〇)の現代語訳・口語訳とその解説を記しています。この和歌は、平成の次の元号であ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、万葉集の第5巻に収録されている「青柳梅との花を折りかざし飲みての後は散りぬともよし」(八二一)の現代語訳・口語訳とその解説を記しています。この和歌は、平成の次の元号で... (全て読む)

1

2

3

4