新規登録 ログイン
検索条件
タグ 枕詞

1

2

3

4

9_80
Text_level_1
『唐衣着つつなれにしつましあればはるばる来ぬる旅をしぞ思ふ』の意味と解説 このテキストでは、伊勢物語の9段『 東下り』そして『古今和歌集』に収録されている歌「唐衣着つつなれにしつましあればはるば... (全て読む)
9_80
Text_level_1
万葉集『あかねさす紫野行き標野行き野守は見ずや君が袖振る』をわかりやすく解説 このテキストでは、万葉集に収録されている歌「あかねさす紫野行き標野行き野守は見ずや君が袖振る」の現代語訳・口語訳と解... (全て読む)
9_80
Text_level_1
伊勢物語『あづさ弓(梓弓)』の原文・現代語訳と解説 このテキストでは、伊勢物語の第24段「あづさ弓・梓弓」(昔、男、片田舎に住みけり〜)の原文、現代語訳・口語訳とその解説を記しています。書籍によ... (全て読む)
1_80
Text_level_1
百人一首(33)紀友則/歌の意味と読み、現代語訳、単語、品詞分解 ひさかたの 光のどけき春の日に しづ心なく 花の散るらむ このテキストでは、 百人一首に収録されている歌「ひさかたの 光のどけき... (全て読む)
9_80
Text_level_1
「韓衣裾に取りつき泣く子らを置きてそ来ぬや母なしにして」現代語訳と解説 このテキストでは、万葉集に収録されている歌「韓衣裾に取りつき泣く子らを置きてそ来ぬや母なしにして」の原文、わかりやすい現代... (全て読む)
1_80
Text_level_1
短歌と俳句の違い 短歌は、一定の形式を持った詩の一種で、5・7・5・7・7の五句31音で構成されています。同じく詩や俳句も同じカテゴリーに属しますが、短歌は俳句とは異なり、季語の使用は必要ありま... (全て読む)
9_80
Text_level_1
はじめに ここでは、万葉集で詠まれている「家にあれば笥に盛る飯を草枕旅にしあれば椎の葉に盛る」という歌について説明していきます。 原文 家にあれば笥に盛る飯を草枕旅にしあれば椎の葉に盛る 現代語... (全て読む)
9_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、 土佐日記の一節『楫取りの心は神の御心』(かく言ひて、眺めつつ来る間に〜)の原文、現代語訳・口語訳とその解説を記しています。 [ad 001] ※ 土佐日記は平安時代... (全て読む)
9_80
Text_level_1
百人一首(33) ひさかたの 光のどけき 春の日に しづ心なく 花の散るらむ このテキストでは、 百人一首に収録されている歌「ひさかたの光のどけき春の日にしづ心なく花の散るらむ」のわかりやすい現... (全て読む)
9_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、伊勢物語の24段『 梓弓』に収録されている歌「梓弓引けど引かねど昔より心は君によりにしものを」の現代語訳・口語訳と解説、そして品詞分解を記しています。 [ad 001... (全て読む)

1

2

3

4