新規登録 ログイン
検索条件
タグ 枕詞

1

2

3

4

9_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、伊勢物語の9段『 東下り』そして『古今和歌集』に収録されている歌「唐衣着つつなれにしつましあればはるばる来ぬる旅をしぞ思ふ」の現代語訳・口語訳と解説、そして品詞分解を... (全て読む)
9_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、紀貫之が書いた土佐日記中から『楫取りの心は神の御心』(かく言ひて、眺めつつ来る間に〜)の現代語訳・口語訳とその解説を記しています。。 読む前に知っておきたいこと この... (全て読む)
9_80
Text_level_1
伊勢物語『あづさ弓(梓弓)』 このテキストでは、伊勢物語の第24段「あづさ弓・梓弓」(昔、男、片田舎に住みけり〜)の原文、現代語訳・口語訳とその解説を記しています。書籍によっては「あらたまの年の... (全て読む)
9_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、万葉集で詠まれている「わが園に梅の花散るひさかたの天より雪の流れくるかも」という歌について説明していきます。 原文 わが園に梅の花散るひさかたの天より雪の流れくるかも... (全て読む)
9_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、 古今著聞集に収録されている歌「青柳の緑の糸を繰り置きて夏へて秋ははたおりぞ鳴く」の現代語訳・口語訳と解説(掛詞など)、そして品詞分解をしています。 原文 青柳の 緑... (全て読む)
1_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、短歌によく使われているテクニックについて紹介しています。 自分で短歌を作るときの参考になると思います。 字余りと字足らず よく目にするのが字余りと字足らずです。 短歌... (全て読む)
9_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、万葉集の第5巻に収録されている「わが園に梅の花散るひさかたの天より雪の流れ来るかも」(八二二)の現代語訳・口語訳とその解説を記しています。この和歌は、平成の次の元号で... (全て読む)
9_80
Text_level_1
ちはやぶる/千早振る ①連体詞 意味 勢いが強い、荒々しい。 [出典]:古事記 「この沼の中に住める神、いとちはやぶる神なり。」 [訳]:この沼の中に住んでいる神は、たいそう荒々しい神である。 ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
はじめに ここでは、古今和歌集及び小倉百人一首に収録されている歌「ひさかたの光のどけき春の日にしづ心なく花の散るらむ」の現代語訳・口語訳と解説、そして品詞分解をしています。 原文 (※1)ひさか... (全て読む)
9_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、伊勢物語の24段『 梓弓』に収録されている歌「梓弓引けど引かねど昔より心は君によりにしものを」の現代語訳・口語訳と解説、そして品詞分解を記しています。 原文 (※1)... (全て読む)

1

2

3

4