新規登録 ログイン

1_80 現代文:ことば / 現代文:漢字/単語/熟語/ことわざ

「荒む」あなたは読める?正しい読み方と意味を解説

著者名: 春樹
Text_level_1
マイリストに追加
「荒む」の正しい読み方

言葉の意味は知っているけどなかなか読むことができない。そんな漢字にフォーカスしていきます。今回は「荒む」です。このテキストでは「荒む」の正しい読み方と意味について解説していきます。



「荒む」の読み方

「荒む」は「すさむ」と読みます。


「荒」

「荒」は中学校レベルの漢字です。音読みで「コウ」、訓読みで「あ(らす)・あら(い)・すさ(む)」などと読みます。音読みの「すさむ」は常用漢字外の読み方です。

「荒る」の意味

「荒む」の意味は

【自動詞】
① 気持ちや生活態度が荒れる。捨て鉢な気持ちになる。
② 気持ちが荒れたり、また努力を怠ったりした結果、芸の技量などが低下する。
③ 激しくなる。勢いをます。
④ 一つの事に熱中して、他を顧みない。ふける。
⑤ 気の向くままに物事をする。
⑥ 勢いが尽きて雨や風がやむ。
⑦ (人が)衰える。
⑧ うち捨てる。放棄する。

【他動詞】
① 心のままにもてあそぶ。慰み興ずる。
② 嫌って遠ざける。
③ (自分の肉体を)苦しめる。責める。

引用:三省堂『大辞林


「荒む」の使い方

「心が荒んでいる」

まとめ

「荒む」は「すさむ」と読みます。

是非この機会に覚えてくださいね。
Related_title
もっと見る 

Keyword_title

Reference_title
『大辞林 第3版』三省堂 2006年

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 5,299 pt 
 役に立った数 0 pt 
 う〜ん数 0 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。