新規登録 ログイン

1_80 古典:読み解き / 古文:文章の訳/読み解き

3分でわかる徒然草「今日はそのことをなさんと思へど」の内容とポイント

著者名: 走るメロス
Text_level_1
マイリストに追加
徒然草『今日はそのことをなさんと思へど』

ここでは徒然草の一節『今日はそのことをなさんと思へど』(今日はその事をなさんと思へど、あらぬ急ぎ先づ出で来て紛れ暮らし〜)の内容とポイントを記しています。


ポイント・要点

人の生活は思った通りにはいかない。そうかと思うと思っていた通りになることもある。結局、物事はすべて定め難いことだと理解することが、真実であり間違いがない。

内容

今日やろうと思っていたことが別用でできなくなる。待ち人が来れなくなったかと思うと思いもよらない人が訪れる。期待していたことはあてが外れる一方で、予期せぬことだけが思い通りになる。難しいと思っていたことは実は簡単で、簡単と思っていたことにてこずったりもする。このようにして一日、一年、一生が過ぎていく。

予測がすべて外れるかと思うと、たまには思った通りになることもあるので、結局、物事はすべて定め難いことだと理解することが間違いがない。

詳しい現代語訳、解説と品詞分解

※現代語訳・口語訳とその解説はこちら
徒然草『今日はそのことをなさんと思へど』わかりやすい現代語訳(口語訳)と解説

※品詞分解はこちら
徒然草『今日はそのことをなさんと思へど』の品詞分解
Related_title
もっと見る 

Keyword_title

Reference_title
『教科書 高等学校 国語総合 古典編』 東京書籍
『教科書 高等学校国語 国語総合』 東京書籍

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 205 pt 
 役に立った数 0 pt 
 う〜ん数 0 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。