新規登録 ログイン

10_80 文章の読み解き / 文章の読み解き

論語『子曰。君子食無求飽(君子、食飽くを求むること無く)』解説・書き下し文・口語訳

著者名: 春樹
Text_level_1
マイリストに追加
孔子の一生と論語


中国の思想家孔子が述べたものを弟子たちがまとめたもの、それが論語です。

孔子は中国古代の偉大な思想家であり、紀元前6世紀から5世紀にかけて活躍しました。孔子は儒教の創始者として知られ、その教えは今なお東アジア全域に広く影響を及ぼしています。

苦難の幼少期から学問の道へ

孔子は山東省の魯国で生まれました。貧しい環境の中で育ちましたが、彼は幼少期から学びに熱心でした。若き日には早くも豊富な知識を蓄え、その知性を磨いていきました。彼の学問への情熱は後に、彼の思想の基盤となる重要な要素となりました。

政治家としての道と魯国への帰還

孔子は卓越した政治家としても活躍しました。彼は魯国での改革を志しましたが、その夢は叶いませんでした。それでも彼は諦めず、弟子たちとともに各地を旅して自らの思想を広めました。その後、晩年には故郷の魯国に戻り、古典の研究と教育に専念しました。彼の努力は後の世代に多大な影響をもたらしました。

『論語』とは

『論語』は孔子の思想を記録したものであり、その教えが詳細に綴られています。この書は孔子と彼の弟子たち、君主、隠者との対話から成り立っており、孔子の智慧と教えを伝えています。『論語』は20篇に分かれ、それぞれの篇が異なるテーマや価値観を探求しています。

「仁」: 孔子の思想の核

孔子の教えの核心は「仁」という概念です。この「仁」とは、他人を思いやる心と深い愛情を指します。孔子は「仁」を実践することが、人間としての最高の美徳であると説きました。さらに、彼は「仁」を実現するための指針として、「義」「礼」「智」「信」「勇」の五つの美徳を提唱しました。これらの美徳が個人と社会の調和を築く要因となりました。

『論語』には数々の名言が収められており、その智慧は今なお私たちに影響を与えています。孔子の言葉は、学びの重要性や人間関係の構築、自己啓発など、現代社会にも通じる価値を持っています。たとえば、「学びて時にこれを習う、また説しからずや」という言葉は、持続的な学習の重要性を説いています。

東アジアに広がる影響

孔子の教えは中国にとどまらず、日本や朝鮮半島などにも大きな影響をもたらしました。日本では聖徳太子や空海など、彼の教えを学ぶ者が現れ、その影響を広めました。江戸時代には寺子屋で儒教が教えられ、その結果、多くの人々に孔子の思想が浸透しました。

孔子の一生と『論語』、その影響は今もなお続いています。彼の教えは、人間の美徳や道徳、社会の調和を築く指針として、私たちに多くの示唆を与えています。

ここでは、論語の第1章「学而第一」の第14、「君子は食飽くを求むること無く」の解説をしています。

論語『子曰。君子食無求飽(君子、食飽くを求むること無く)』解説・書き下し文・口語訳

白文

子曰、君子食無求飽、無求安。敏於事慎於言、就有道而正。可謂好学也已


書き下し文

子曰わく、君子、食飽くを求むること無く、居に安きを求むること無し。事に敏にして言に慎み、有道に就きて正す。学を好むと謂うべきのみ。


現代語訳(口語訳)

孔子はおっしゃいました。

『君子というものは、贅沢な食事を求めることはなく、居心地のいい家を求めることもありません。行動は機敏ですが、言動は慎重をきして、徳の高い人に自分を正してもらうように振る舞います。このような人こそが、学問好きと言えるでしょう』と。



君子

ここでは、徳の高い人を指す。


居る場所、家や居場所と捉えることができる。


置き字の1つ。読まずに、「~て」や「~だけれども」のように接続を表します。
やっかいなのは、順接と逆接、どちらの場合でも使われるという点です。見分け方は、文脈から判断するしかありません。


置き字の1つ。文末に置いて、その文を強調するために使われます。 文意が強くなるだけで、特にそれ以上の意味はありません。

也已

「のみ」と読む。
Related_title
もっと見る 

Keyword_title

Reference_title
青空文庫http://www.geocities.co.jp/Berkeley/3776/rongo_index.html
『渋沢栄一 論語の読み方』三笠書房

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 31,046 pt 
 役に立った数 22 pt 
 う〜ん数 2 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。