manapedia
更新日時:
百人一首『わたの原八十島かけて漕ぎいでぬと人には告げよ海人の釣舟』現代語訳と解説(句切れなど)
著作名: 走るメロス
585 views
百人一首(11)


わたの原 八十島かけて 漕ぎいでぬと 人には告げよ 海人の釣舟


このテキストでは、百人一首に収録されている歌「わたの原八十島かけて漕ぎいでぬと人には告げよ海人の釣舟」の現代語訳・口語訳と解説(句切れ・体言止めなど)、そして品詞分解を記しています。この歌は、百人一首の他に、古今和歌集にも収録されています。



※百人一首は、平安時代末期から鎌倉時代初期にかけて活動した公家・藤原定家が選んだ和歌集です。100人の歌人の和歌を、1人につき1首ずつ選んで作られています。

原文

(※1)わたの原 (※2)八十島(※3)かけ漕ぎいでぬと 人には告げよ 海人の釣舟

ひらがなでの読み方

わたのはら やそしまかけて こぎいでぬと ひとにはつげよ あまのつりふね



現代語訳

大海原、(そこに浮かぶ)多くの島々を目指して漕ぎ出していったと(都の)人に告げてくれ。漁師の釣り船よ。

解説・鑑賞のしかた

この歌の詠み手は、平安時代初期の公卿、参議篁(さんぎたかむら)です。本名の小野篁(おののたかむら)の方が有名でしょうか。篁は、昼間は朝廷で働き、夜間は冥界で閻魔大王のもとで裁判の補佐をしていたというユニークな伝説の持ち主で、一説には小野小町の祖父ともいわれています。

この歌は、篁が流罪となって隠岐国へ出発するときに、都の人に詠んで贈ったものです。流罪の理由は、遣唐使として唐へ渡る際に朝廷ともめ、当時の嵯峨上皇を激怒させたからといわれています。

主な技法・単語・文法解説


単語

(※1)わたの原大海原
(※2)八十島多くの島々
(※3)かけカ行下二段活用「かく」の連用形。ここでは「目指す」と訳す


句切れ

四句切れ。

技法

体言止め。和歌を名詞(体言)で締めくくる技法をいう。

品詞分解

※名詞は省略しています。



わたの原
八十島
かけカ行下二段活用「かく」の連用形
接続助詞
漕ぎ出でダ行下二段活用「こぎいづ」の連用形
完了の助動詞「ぬ」の終止形
格助詞
格助詞
係助詞
告げよガ行下二段活用「つぐ」の命令形
海人
格助詞
釣舟


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。