manapedia
更新日時:
古文単語「ぜひもしらず/是非も知らず」の意味・解説【連語】
著作名: 走るメロス
1,524 views
ぜひもしらず/是非も知らず

このテキストでは、古文単語「ぜひもしらず/是非も知らず」の意味、解説とその使用例を記している。

成り立ち

名詞「ぜひ」、係助詞「も」、ラ行四段活用「知る」の未然形「知ら」そして打消の助動詞「ず」の連用形「ず」が一語になったもの。

連語

意味

我を忘れて、夢中になって

[出典]尼、地蔵を見奉ること 宇治拾遺物語
「尼、見るままに是非も知らず、臥しまろびて、おがみ入りて、土にうつぶしたり。」

[訳]:尼は、見るやいなや我を忘れて、(あまりの嬉しさに)転げまわり、ひたすら拝み込み、地面に身を伏せてしまいました。


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。