manapedia
更新日時:
古文単語「ききいる/聞き入る」の意味・解説【ラ行四段活用/ラ行下二段活用】
著作名: 走るメロス
2,824 views
ききいる/聞き入る

このテキストでは、古文単語「ききいる/聞き入る」の意味、活用、解説とその使用例を記している。

※「ききいる」には、
①ラ行四段活用
②ラ行下二段活用
の用法がある。
①ラ行四段活用

未然形ききいら
連用形ききいり
終止形ききいる
連体形ききいる
已然形ききいれ
命令形ききいれ


意味1:自動詞

熱心に聞く、耳を澄まして聞く

[出典]ふと心劣りとかするものは 枕草子
「若き人は、いみじうかたはらいたきことに聞き入りたるこそ、さるべきことなれ。」

[訳]:若い人が、大変きまりが悪いこととして耳を澄まして聞いているのは、当然のことです。




②ラ行下二段活用

未然形ききいれ
連用形ききいれ
終止形ききいる
連体形ききいるる
已然形ききいるれ
命令形ききいれよ


意味1:他動詞

意識して耳に入れる

[出典]:鳥は 枕草子
「鳶(とび)、鳥(からす)などのうへは、見入れ聞き入れなどする人、世になしかし。」

[訳]:鳶、烏などについては、意識して見、(鳴き声を)耳に入れなどする人は、世にはいないですよ。


意味2:他動詞

承諾する、同意する、聞き入れる

[出典]雪のおもしろう降りたりし朝 徒然草
「この雪いかが見ると一筆のたまはせぬほどの、ひがひがしからん人のおほせらるる事、聞き入るべきかは。」

[訳]:この雪をどのように思うかと一言もおっしゃらない程度の、趣を理解しないような人のおっしゃることを、どうして聞き入れることができるましょうか、いやできません。




意味3:他動詞

聞き分ける

[出典]:夕顔 源氏物語
「何の響きとも聞き入れたまはず...」

[訳]:何の音ともお聞き分けなさらず...


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。