manapedia
更新日時:
静夜思(静夜の思ひ)の現代語訳と解説
著作名: 走るメロス
307,663 views
静夜思(静夜の思ひ)

ここでは、中国の詩人、李白の詠んだ句「静夜の思ひ」の原文と書き下し文、そして現代語訳を記しています。



この句は五つに並んだ漢字が四つのブロックからなる五言絶句です。「光(こう)」、「霜(そう)」、「郷(きょう)」が韻を踏んでおり、第三句と第四句が対句になっています。

原文

※左から右に読んでください。

牀 前 看 月 光
疑 是 地 上 霜
挙 頭 望 山 月
低 頭 思 故 郷

書き下し文

牀前月光を看る

疑ふらくは是れ地上の霜かと



頭を挙げて山月を望み

頭を低れて故郷を思ふ

現代語訳(口語訳)
 
寝床にさしこむ月の光をみて

(あまりにも明るいので)地上に降りた霜かと疑うほどだ



頭を挙げて山に出た月をながめていると

頭が次第に下がってきて、(気づくと)故郷のことを思っている

練習問題にチャレンジ!

『静夜思(静夜の思ひ)』テストで出題されそうな問題

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。