新規登録 ログイン
検索条件
タグ 木の花は

1

2

3

4

9_80
Text_level_1
木の花は ここでは、清少納言が書いた枕草子の中から「木の花は」(木の花は、濃きも薄きも紅梅〜)の品詞分解を記しています。 ※現代語訳: 「木の花は」(木の花は、濃きも薄きも紅梅〜)の現代語訳 品... (全て読む)
9_80
Text_level_1
ゐる/居る このテキストでは、ワ行上一段活用の動詞「ゐる/居る」の意味、活用、解説とその使用例を記している。 [ad 001] 「ゐる」には ①居る ② 率る の用法があるが、ここでは「①居る」... (全て読む)
9_80
Text_level_1
木の花は ここでは、清少納言が書いた枕草子の中から「木の花は」(桐の木の花、紫に咲きたるはなほをかしきに〜)の品詞分解を記しています。 ※前回のテキスト: 「木の花は」(木の花は、濃きも薄きも紅... (全て読む)
9_80
Text_level_1
つとめて このテキストでは、古文単語「つとめて」の意味、解説とその使用例を記している。 [ad 001] 名詞 意味1 早朝。 [出典]: 春はあけぼの 枕草子 「冬はつとめて。雪の降りたるは言... (全て読む)
9_80
Text_level_1
木の花は 木の花は、こきもうすきも紅梅。 桜は花びら大きに葉の色こきが、枝細くて咲きたる。藤の花は、しなひ長く色こく咲たるいとめでたし。 四月のつごもり五月のついたちのころほひ、橘の葉のこく青き... (全て読む)
9_80
Text_level_1
おくる/後る/遅る このテキストでは、ラ行下二段活用の動詞「おくる/後る/遅る」の意味、活用、解説とその使用例を記している。 [ad 001] ラ行下二段活用 |未然形|おくれ| |連用形|おく... (全て読む)
9_80
Text_level_1
いろこし/色濃し このテキストでは、ク活用の形容詞「いろこし/色濃し」の意味、活用、解説とその使用例を記している。 [ad 001] 形容詞・ク活用 |未然形|いろこく|いろこから| |連用形|... (全て読む)
9_80
Text_level_1
しなひ/撓ひ このテキストでは、古文単語「しなひ/撓ひ」の意味、活用、解説とその使用例を記している。 [ad 001] 名詞 意味1 しなやか曲線をしていること、曲線を描いて豊かに垂れていること... (全て読む)
9_80
Text_level_1
ついたち/朔日/月立ち このテキストでは、古文単語「ついたち/朔日/月立ち」の意味、解説とその使用例を記している。 [ad 001] 成り立ち 「つきたち/月立ち」のイ音便。 名詞 意味1 月の... (全て読む)
9_80
Text_level_1
ころほひ/頃ほひ/比ほひ このテキストでは、古文単語「ころほひ/頃ほひ/比ほひ」の意味、解説とその使用例を記している。 [ad 001] 名詞 意味1 時節、時分。 [出典]: 木の花は 枕草子... (全て読む)

1

2

3

4