新規登録 ログイン
検索条件
タグ 縁語

1

9_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、伊勢物語の9段『 東下り』そして『古今和歌集』に収録されている歌「唐衣着つつなれにしつましあればはるばる来ぬる旅をしぞ思ふ」の現代語訳・口語訳と解説、そして品詞分解を... (全て読む)
9_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、新古今和歌集に収録されている歌「春の夜の夢の浮橋とだえして峰に別るる横雲の空」の原文、現代語訳、品詞分解そしてその解説を記しています。歌の詠み手は藤原定家です。 [a... (全て読む)
9_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、古今和歌集で詠まれている「冬枯れの野辺とわが身を思ひせばもえても春を待たましものを」という歌について説明していきます。 原文 冬枯れの野辺とわが身を思ひせば もえても... (全て読む)
9_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、伊勢物語の24段『 梓弓』に収録されている歌「梓弓引けど引かねど昔より心は君によりにしものを」の現代語訳・口語訳と解説、そして品詞分解を記しています。 [ad 001... (全て読む)
9_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、土佐日記に収録されている歌「手をひてて寒さも知らぬ泉にぞくむとはなしに日ごろ経にける」の原文、現代語訳・口語訳と解説、そして品詞分解を記しています。 [ad 001]... (全て読む)

1