新規登録 ログイン
検索条件
タグ 鎌倉時代

1

1_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、新古今和歌集に収録されている歌「心なき身にもあはれは知られけり 鴫立つ沢の秋の夕暮れ」の現代語訳・口語訳と解説、そして品詞分解を記しています。 [ad 001] ※新... (全て読む)
9_80
Text_level_1
『亀山殿の御池に』 このテキストでは、兼好法師が書いた徒然草に収録されている「亀山殿の御池に」(亀山殿の御池に、大井川の水をまかせられむとて〜)の現代語訳・口語訳とその解説を記しています。 [a... (全て読む)
9_80
Text_level_1
『今日はそのことをなさんと思へど』 このテキストでは、兼好法師が書いた徒然草の中から、「今日はそのことをなさんと思へど」(今日はその事をなさんと思へど、あらぬ急ぎ先づ出で来て紛れ暮し〜)の現代語... (全て読む)
9_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、兼好法師が書いた徒然草の中から、「雪のおもしろう降りたりし朝」(雪のおもしろう降りたりし朝、人のがり言ふべき事ありて〜)の現代語訳・口語訳とその解説をしています。 原... (全て読む)
9_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、兼好法師が書いた徒然草の中から、「猫また」(奥山に、猫またといふものありて〜)の現代語訳・口語訳とその解説をしています。 原文 「奥山に、猫またといふもの ありて、人... (全て読む)
1_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、新古今和歌集に収録されている歌「思ひあまりそなたの空をながむれば 霞を分けて春雨ぞ降る」の現代語訳・口語訳と解説、品詞分解を行っています。 原文 雨の 降る日、女に ... (全て読む)
18_80
Text_level_2
東アジアの自立化で押さえておきたいポイント ※赤字部分が問題に出そうな部分です。赤色の暗記シートなどで隠して見てください。 遼・西遼(契丹) ・契丹とは、モンゴル系の遊牧民で、キタイやキタンと... (全て読む)
17_80
Text_level_2
源平の争乱 平清盛が後白河法皇を幽閉し、平氏の専制政治が続くと思われましたが、その繁栄は長くは続きませんでした。 1180年(治承4年)、平清盛が孫の安徳天皇を即位させると、後白河法皇の第二皇子... (全て読む)

1