新規登録 ログイン
検索条件
タグ 宗教改革

1

2

3

4

18_80
Text_level_2
はじめに 前回はルターが起こした宗教改革の流れを見てきました。今回はカルヴァンの行った宗教改革を説明したいと思います。 プロテスタントの新しい流れ ルター派が活躍したドイツの宗教改革に対して、ス... (全て読む)
18_80
Text_level_1
はじめに 大航海時代の幕開けと共に、ヨーロッパ各国は次々と世界の市場を求めて活動するのですが、交易とともに盛んに行われたのが、キリスト教宣教師たちによる海外での布教活動でした。 この布教活動は、... (全て読む)
18_80
Text_level_2
はじめに 宗教改革は近代ヨーロッパを形作った出来事として、ルネサンスと共に重要視されている運動です。 このテキストでは宗教改革が何故起こり、そしてどのような影響を及ぼしたかを見ていきましょう。 ... (全て読む)
18_80
Text_level_2
バロック文化の成立 16世紀にヨーロッパで盛んになったルネサンスですが、17世紀にはいると、芸術分野でバロックがとって代わるようになります。 バロックというのは、ポルトガル語の「いびつな真珠」と... (全て読む)
18_80
Text_level_2
はじめに ドイツで始まった宗教改革は、次第にスイスやフランスへと波及して行きました。このテキストではフランスにおける宗教改革を見ていきましょう。 当時のフランスの状況 まず、当時のフランスの状況... (全て読む)
18_80
Text_level_3
宗教改革の発端になった出来事 信仰義認説というのは、マルティン=ルターが当時のカトリック教会を批判する時の根本的思想なんですが、その前に、当時なぜルターが奮起したか、その出来事をおさらいしてみま... (全て読む)
18_80
Text_level_2
はじめに キリスト教の成立とともに、ローマ教皇は歴史にさまざまな影響を与えました。このテキストでは、主要なローマ教皇と、どの時代にどんな業績を残したかをまとめてみます。 (初代ローマ教皇ペテロ)... (全て読む)
18_80
Text_level_2
神聖ローマ帝国とは 神聖ローマ帝国は、中世ヨーロッパでドイツ地方にあった国家です。 962年に、東フランク王国の大諸侯ザクセン家から、オットー1世という国王がでて、その後ローマ教皇ヨハネス12世... (全て読む)
18_80
Text_level_2
宗教改革で押さえておきたいポイント ※赤字部分が問題に出そうな部分です。赤色の暗記シートなどで隠して見てください。 贖宥状の販売とルターの改革 ・カトリック教会は長らくヨーロッパの支配的な権力... (全て読む)
22_80
Text_level_1
腐敗していた教会 15、16世紀ごろのキリスト教は、本来のその姿とはかけ離れたものでした。例えば、神を信じるのであれば〇〇を買いなさいだとか、キリスト教徒でありたければ税金を納めなさいのように、... (全て読む)

1

2

3

4