新規登録 ログイン

18_80 西アジア・地中海世界の形成 / 古代オリエント世界

駅伝制とは わかりやすい世界史用語225

著者名: ピアソラ
Text_level_2
マイリストに追加
アッシリア帝国の駅伝制

この通信システムは、帝国の成長と共に発展し、アッシリア王とその役人が帝国全体にわたって迅速かつ信頼性の高いメッセージの送受信を可能にしました。このシステムは、駅伝制によって運営されており、革命的なものでした。メッセージは飛脚によって運ばれ、彼らは定期的に駅で停止し、新しい飛脚にメッセージを渡しました。これらの駅は帝国の主要道路網に沿って定期的な間隔で配置されていました。飛脚が休息することなくメッセージを伝達できたため、このシステムは中東で電信が導入されるまで、前例のない通信速度を提供しました。このシステムの効率は、アッシリア帝国が中東で支配的な地位を維持し、帝国全体の結束を保つのに貢献しました。これらのアッシリアの革新は、後の帝国、特にアケメネス朝によって採用され、アッシリアの通信網を継承し拡大しました。

歴史的背景

アッシリア帝国は鉄器時代の帝国で、中心地はメソポタミアにありました。アダド・ニラリ2世の治世が帝国の始まりとされています。彼とその後継者たちは、エジプトの西からペルシャ湾の東まで、現代の中東のほとんどを支配するまで帝国を拡大しました。帝国が成長するにつれて、様々な行政上の革新とインフラの革新が導入され、これらは後のローマ帝国やペルシャ帝国を含む後の帝国のテンプレートとなりました。帝国の通信システムは、おそらくシャルマネセル3世の治世中に導入されたと考えられています。アッシリアがすでに中東で最大の力を持っていた時期です。帝国内の統治と結束を維持するために、王、宮廷の役人、そして州の知事たちは、迅速かつ信頼性の高い通信システムを必要としていました。



駅伝制の構成要素

ラクダ アッシリア人は、困難な地形を越える長距離旅行にラクダを使用した最初の文明でした。ラクダは、ロバの父と馬の母から生まれた雑種で、馬の強さとロバの頑丈さを兼ね備えています。長距離の国家メッセンジャーは、専らラクダに乗っていました。
駅伝制(kalliu) 駅伝制はアッシリアの革新であり、はるかに高速な通信速度を可能にしました。信頼できる使者が全距離を旅するのに頼る代わりに、駅伝制では各個々の飛脚がルートの一部分だけをカバーしました。

道路網
帝国は、メッセージが遅延なく伝達されるように、帝国の主要道路網に沿って駅を配置しました。


駅は、飛脚が休息し、新しいライダーにメッセージを渡すための目的で建てられた施設でした。これらの駅は、帝国の通信網として知られる「王の道」(hūl šarri)のステージとして、またしばしば交差点として機能しました。すべてのアッシリアの知事は、彼らの州内の戦略的な位置に道路駅を維持する必要がありました。これらの道路駅は、既存の集落内(例えばニップル市のように)に位置しているか、独自の集落を構成し、人員、使節、輸送動物のための必要な農業基盤を提供していました。サルゴン2世の治世中に、彼のレバノンのベカー平原に中心を置くṢubutu州の知事が、彼の二つの郵便局の運営に関する問題について書いた手紙から、それらがどのように管理され、維持されたかが明らかになりました。中世のイスラム世界のキャラバンサライは、彼らもまた長距離ルートに沿って建てられた目的の建造物であり、旅行者とその動物のための短期間の避難所と保護を提供されこうした駅伝制と比較されます。しかし重要な違いは、国家運営のアッシリアの道路駅は国家のみに奉仕し、商業旅行者には開放されていなかったということです。
このように、アッシリア帝国の駅伝制は、帝国の通信と統治の効率を高めるための重要な革新であり、後の帝国にも影響を与えました。
Tunagari_title
・駅伝制とは わかりやすい世界史用語225

Related_title
もっと見る 

Keyword_title

Reference_title
『世界史B 用語集』 山川出版社

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 29 pt 
 役に立った数 0 pt 
 う〜ん数 0 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。