新規登録 ログイン

9_80 ことば / 単語

古文単語「こころおきて/心掟」の意味・解説【名詞】

著者名: 走るメロス
Text_level_1
マイリストに追加
こころおきて/心掟

ALT

※「こころのおきて」とも。
名詞

意味1

気立て、性格

[出典]道真の左遷 大鏡
「右大臣はよに優れめでたくおはしまし、御心おきても、ことのほかにかしこくおはします。」

[訳]:右大臣(菅原道真)は学識にとても富み立派でいらっしゃいますし、ご性格も、格別にすばらしくていらっしゃいます。


意味2

心構え、心のもち方

[出典]:少女 源氏物語
「つひの世の重しとなるべき心おきてを習ひなば...」

[訳]:(夕霧が)将来(国の)の重鎮となるにふさわしい心構えを身につけたならば...


意味3

方針、心に思い定めておいたこと、配慮

[出典]:少女 源氏物語
「 やむごとなきに譲れる心おきて、こともなかるべき人なりとぞ聞きはべる。」

[訳]:(姫君を)れっきとしたお方(紫の上)に任せた配慮など、(明石の君は)非難すべきところがない人だと聞いております。

Related_title
もっと見る 

Keyword_title

Reference_title
全訳読解古語辞典 第四版 三省堂
ベネッセ全訳古語辞典 改訂版 Benesse

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 1,194 pt 
 役に立った数 1 pt 
 う〜ん数 0 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。