新規登録 ログイン
検索条件
タグ 道真の左遷

1

2

3

4

9_80
Text_level_1
『道真の左遷』 このテキストは、大鏡『道真の左遷』(右大臣は才世に優れめでたくおはしまし〜)の現代語訳・口語訳とその解説をしています。書籍によっては、『菅原道真の左遷』や『東風吹かば』などと題す... (全て読む)
9_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、 大鏡や拾遺和歌集などに収録されている歌「東風吹かばにほひおこせよ梅の花 あるじなしとて春な忘れそ」の現代語訳・口語訳と解説、そして品詞分解をしています。作者は菅原道... (全て読む)
9_80
Text_level_1
ざえ/才 名詞 意味1 学問、漢文や漢詩についての学識、教養。 [出典]: 道真の左遷 「右大臣は才よに優れめでたくおはしまし、御心おきても、ことのほかにかしこくおはします。」 [訳]:右大臣(... (全て読む)
9_80
Text_level_1
こころおきて/心掟 ※「こころのおきて」とも。 名詞 意味1 気立て、性格。 [出典]: 道真の左遷 大鏡 「右大臣は才よに優れめでたくおはしまし、御心おきても、ことのほかにかしこくおはします。... (全て読む)
9_80
Text_level_1
ため/為 名詞 意味1 〜のために、利益となるようにすること。 [出典]:古今和歌集/小倉百人一首 「君がため春の野に出でて若菜摘むわが衣手に雪は降りつつ」 [訳]:あなたのために、春の野原に出... (全て読む)
9_80
Text_level_1
ほどほど 名詞 意味 身分相応、それぞれの身分や程度。 [出典]: 道真の左遷 大鏡 「この大臣、子どもあまたおはせしに、女君たちは婿取り、男君たちは皆、ほどほどにつけて位どもおはせしを...」... (全て読む)
9_80
Text_level_1
あへなむ/敢えなむ 連語 ハ行下二段活用「あふ」の連用形「あへ」と完了の助動詞「ぬ」の未然形「な」、そして意志の助動詞「む」の終止形「む」がが一語になったもの。 意味 仕方なかろう、やむをえまい... (全て読む)
9_80
Text_level_1
ぞかし 連語 終助詞「ぞ」と終助詞「かし」が一語になったもの。 意味 (文末に用いて断定し、念を押して) 〜であるよ、〜ことだよ、〜ことだ。 [出典]: 道真の左遷 大鏡 「幼くおはしける男君・... (全て読む)
9_80
Text_level_1
あやにくなり/生憎なり 形容動詞・ナリ活用 |未然形|あやにくなら|◯| |連用形|あやにくなり|あやにくに| |終止形|あやにくなり|◯| |連体形|あやにくなる|◯| |已然形|あやにくなれ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
おこす/遣す 「おこす」には ① 起こす(サ行四段活用) ②遣す などの用法があるが、ここでは「②遣す」を扱う。 サ行下二段活用 |未然形|おこせ| |連用形|おこせ| |終止形|おこす| |連... (全て読む)

1

2

3

4