新規登録 ログイン

9_80 文法 / 文法

伊勢物語『たのむの雁』(むかし、男、武蔵の国までまどひ歩きけり〜)の品詞分解

著者名: 走るメロス
Text_level_1
マイリストに追加
伊勢物語『たのむの雁』

このテキストでは、伊勢物語の第10段『たのむの雁』(むかし、男、武蔵の国までまどひ歩きけり。さて、その国にある女をよばひけり〜)の品詞分解を記しています。



※伊勢物語は平安時代初期に書かれた歌物語です。作者は未詳ですが、在原業平がモデルではないかと言われています。
品詞分解

※名詞は省略しています。

むかし、男、武蔵の国までまどひ歩きけり。さてその国にある女をよばひけり。

むかし、
男、
武蔵の国
まで副助詞
まどひ歩きカ行四段活用「まどひありく」の連用形
けり。過去の助動詞「けり」の終止形
さて、接続詞
代名詞
格助詞
格助詞
あるラ行変格活用「あり」の連体形
格助詞
よばひハ行四段活用「よばふ」の連用形
けり。過去の助動詞「けり」の終止形



父はこと人にあはせむといひけるを、母なむあてなる人に心つけたりける。父はなほ人にて、母なむ藤原なりける。

格助詞
こと人
格助詞
あはせサ行下二段活用「あはす」の未然形
意志の助動詞「む」の終止形
格助詞
いひハ行四段活用「いふ」の連用形
ける過去の助動詞「けり」の連体形
を、接続助詞
なむ係助詞(係り結び)
あてなる形容動詞「あてなり」の連体形
格助詞
つけカ行下二段活用「つく」の連用形
たり完了の助動詞「たり」の連用形
ける。過去の助動詞「けり」の連体形(係り結び)
係助詞
なほ人
断定の助動詞「なり」の連用形
て、接続助詞
なむ係助詞(係り結び)
藤原
なり断定の助動詞「なり」の連用形
ける。過去の助動詞「けり」の連体形(係り結び)



さてなむあてなる人にと思ひける。このむこがねによみておこせたりける。すむ所なむ入間の郡、みよしのの里なりける。

さて接続詞
なむ係助詞(係り結び)
あてなる形容動詞「あてなり」の連体形
格助詞
格助詞
思ひハ行四段活用「おもふ」の連用形
ける。過去の助動詞「けり」の連体形(係り結び)
代名詞
格助詞
むこがね
格助詞
よみマ行四段活用「よむ」の連用形
接続助詞
おこせサ行下二段活用「おこす」の連用形
たり完了の助動詞「たり」の連用形
ける。過去の助動詞「けり」の連体形
住むマ行四段活用「すむ」の連体形
なむ係助詞(係り結び)
入間の郡、
みよし野の里
なり断定の助動詞「なり」の連用形
ける。過去の助動詞「けり」の連体形(係り結び)


1ページへ戻る
前のページを読む
1/2
次のページを読む

Related_title
もっと見る 

Keyword_title

Reference_title
ベネッセ全訳古語辞典 改訂版 Benesse
全訳読解古語辞典 第四版 三省堂

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 3,526 pt 
 役に立った数 1 pt 
 う〜ん数 0 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。