新規登録 ログイン

9_80 ことば / 単語

古文単語「いはむや/いはんや/況むや」の意味・解説【副詞】

著者名: 走るメロス
Text_level_1
マイリストに追加
いはむや/いはんや/況むや

このテキストでは、古文単語「いはむや/いはんや/況むや」の意味、解説とその使用例を記している。

成り立ち

※ハ行四段活用「いふ」の未然形「いは」、推量の助動詞「む」の終止形「む」、反語の係助詞「や」が一語になったもの。

副詞

意味

言うまでもなく、まして

[出典]ある人、弓射ることを習ふに 徒然草
「道を学する人、夕には朝あらむことを思ひ、朝には夕あらむことを思ひて、重ねてねんごろに修せむことを期す。いはんや、一刹那のうちにおいて、懈怠の心あることを知らむや。」

[訳]:仏道を修行する人は、夕方には明日の朝があるだろうと思い、朝には夕方があるだろうと思って、(あとで)もう一度丁寧に修行しようということをあらかじめ計画に入れておきます。(このような人たちは、)まして、一瞬のうちに、怠りの心がひそむことを認識するでしょうか、いや、しないでしょう。

Related_title
もっと見る 

Keyword_title

Reference_title
ベネッセ全訳古語辞典 改訂版 Benesse
全訳読解古語辞典 第四版 三省堂

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 16,973 pt 
 役に立った数 18 pt 
 う〜ん数 4 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。