新規登録 ログイン

10_80 文章の読み解き / 文章の読み解き

論語『不憤不啓(憤せずんば啓せず)』書き下し文・現代語訳と文法解説

著者名: 走るメロス
Text_level_1
マイリストに追加
論語『不憤不啓』の原文・現代語訳と解説

このテキストでは、論語の一節『不憤不啓』(憤せずんば啓せず)の原文(白文)、書き下し文、わかりやすい現代語訳と解説を記しています。



白文(原文)

子曰、

「不、不、挙一隅、不以三隅反、則不復也。」



書き下し文

子曰はく、

「憤せずんば啓せず、悱せずんば発せず、一隅を挙ぐるに、三隅を以つて反せずんば、則ち復びせざるなり。」と。



現代語訳(口語訳)

先生がおっしゃいました。

「自分で(考えて問題を解決しようとする)意欲がわかなければ(その者を)教え導くことはしない。(自分の考えを)言い悩んで(どう表現してよいか)悶々としていなければ(その者を)教え導くことはしない。4隅ある物事のうち1つ(ヒントを)与えてやれば(その他の)3隅を自分で考えるようでなければ、二度と教えることはない」と。


単語・文法解説

奮い立つ、意欲をわかせる
教え導く
言い悩む
ここでは「啓」と同じ意味で訳す




著者情報:走るメロスはこんな人

学生時代より古典の魅力に取り憑かれ、社会人になった今でも休日には古典を読み漁ける古典好き。特に1000年以上前の文化や風俗をうかがい知ることができる平安時代文学がお気に入り。作成したテキストの総ページビュー数は1,6億回を超える。好きなフレーズは「頃は二月(にうゎんがつ)」や「月日は百代の過客(くゎかく)にして」といった癖のあるやつ。早稲田大学卒業。
Related_title
もっと見る 

Keyword_title

Reference_title
『教科書 国語総合 古典編』 東京書籍
鎌田正、米山寅太郎 著 2011 『新漢語林 第二版』大修館書店

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 91,575 pt 
 役に立った数 128 pt 
 う〜ん数 29 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。