新規登録 ログイン

18_80 ヨーロッパ・アメリカの変革と国民形成 / 産業革命

産業革命 ~なぜ産業革命はイギリスでおこったのか~

著者名: エンリケ航海王子
Text_level_2
マイリストに追加

16世紀頃から、資本主義が少しずつ発展していったイギリスでは、産業革命が興る要因が備わっていました。

資本主義というのは、機械や土地等の生産手段(資本)を所有する資本家と、資本家に賃金の支払によって雇われる労働者の関係が確立して、モノやサービスを生産するということです。


広大な植民地

大英帝国は、この頃、覇権国家として世界各地に植民地を持っていました。本国とアフリカ、アメリカ大陸を結ぶ通商路を確立し、三角貿易によって莫大な利益をあげたのです。この植民地からの多大な利益が、産業革命の原資の一つとなりました。また一方で、これら植民地は広大な市場としても機能するようになりました。

毛織物や綿工業の発達

当時のヨーロッパ社会では、毛織物綿織物は主要な輸出商品でした。それまで覇権を握っていたスペインは、植民地からの富をヨーロッパにもたらすという貿易だったのに対し、イギリスは自国で商品を生産する力を持っていました。

余剰労働力の存在

イギリスでは、新農法による農業革命で人口が急激に増加しました。それに加え、第2次囲い込みなどで農地を失った農民が都市に流入して、工業生産の担い手になったのです。

プロテスタントの信仰や科学革命

商業に従事する人々を支えたプロテスタントの教義や、科学革命による自然科学の発達も、産業革命を支えた大きな要因の一つでした。合理的な思想や考え方が、その後の工業化を下支えすることになります。

おわりに

このように、イギリスには産業革命が成立する諸要因が揃っていたんですね。このあと、さまざまな新技術や機械の発明によって、イギリスは世界の工業化を牽引していくことになります。
1ページへ戻る
前のページを読む
2/2
次のページを読む

Tunagari_title
・産業革命 ~なぜ産業革命はイギリスでおこったのか~

Related_title

Keyword_title

Reference_title
『世界史B 用語集』 山川出版社
『詳説世界史研究』 山川出版社
『教科書 世界史B』 山川出版社

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 220,213 pt 
 役に立った数 163 pt 
 う〜ん数 57 pt 
 マイリスト数 9 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。