新規登録 ログイン

1_80 古典:読み解き / 古文:文章の訳/読み解き

『春過ぎて 夏きたるらし 白妙の 衣ほしたり 天の香具山』現代語訳と解説

著者名: 走るメロス
Text_level_1
マイリストに追加
はじめに

このテキストでは、万葉集に収録されている歌「春過ぎて夏きたるらし白妙の衣ほしたり天の香具山」の原文、現代語訳、その解説と品詞分解を記しています。



※万葉集は、奈良時代末期に成立したとみられる日本に現存する最古の和歌集です。平成の次の元号である「令和」(2019年5月1日〜)の由来となった『梅花の歌三十二首并せて序』をはじめ、天皇や貴族、役人や農民など様々な身分の人々が詠んだ4500以上の歌が収録されています。
原文

過ぎて 夏きたるらし 白妙の 衣ほしたり 天の香具山

現代語訳

春が過ぎて夏がやって来たようです。真っ白な衣が干してありますね。天の香具山に。



解説

この句は、飛鳥時代の天皇だった持統天皇(女性)によって詠まれた句です。持統天皇は大化の改新を行った中大兄皇子(天智天皇)の娘です。

白妙とは、白い布のことを干します。おそらく当時は夏になると白い布(着物?)を干す習慣があったのでしょう。白い布が香具山に向かって干されていることで、持統天皇は夏の到来を感じ取っています。ちなみに香具山とは、持統天皇が政治を仕切っていた藤原京から東に見える山のことで、畝傍山、耳成山とともに大和三山の1つとされています。天から人が降りてきたという伝説があったことから天の香具山と呼ばれています。

ALT

香具山

晴れた日に、この山に向かって白い布が干してある。とても夏らしい風景ですね。



単語

夏来たるらし「白たへの衣干したり」を見て、夏がきたと感じている
白たへ白い布


※この句は二句切れで、体言止めの技法が用いられています。体言止めを用いることで、明快で力強い印象を与えています。

品詞分解

※名詞は省略しています。



過ぎガ行上二段活用・連用形
接続助詞
来たるラ行四段活用・終止形
らし推定の助動詞・終止形
白たへ
格助詞
干しサ行四段活用・連用形
たり存続の助動詞・終止形
天の香具山

Related_title
もっと見る 

Keyword_title

Reference_title
『教科書 中学校国語3』 学校図書
佐竹昭広、前田金五郎、大野晋 編1990 『岩波古語辞典 補訂版』 岩波書店
『教科書ガイド 中学校国語 国語3年』文理

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 121,821 pt 
 役に立った数 154 pt 
 う〜ん数 64 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。