新規登録 ログイン
検索条件
タグ 天智天皇

1

17_80
Text_level_1
天皇制の確立 日本の歴史をみるうえで、必ずキーパーソンになってくるのが時の天皇の存在です。 現在でこそ、天皇は日本国の象徴であると憲法に定められてはいますが、日本国憲法ができるまでは、天皇が実際... (全て読む)
1_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、万葉集に収録されている歌「春過ぎて夏きたるらし白妙の衣ほしたり天の香具山」の原文、現代語訳、その解説と品詞分解を記しています。百人一首にも収録されていますが、若干内容... (全て読む)
9_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、万葉集に収録されている歌「淡海の海夕波千鳥汝が鳴けば情もしのに古思ほゆ」の現代語訳(口語訳)とその解説を記しています。ちなみにこの歌は、万葉集の266首目にあたります... (全て読む)
17_80
Text_level_2
天智朝の改革 朝鮮半島の状況 655年、朝鮮半島では高句麗と百済の連合が成立し、新羅へ侵攻しました。新羅は唐へ救援を求め、これに唐の高宗が応じ、660年に百済を攻め、義慈王を降伏させ、百済を滅ぼ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
さやけし/清けし/明けし このテキストでは、ク活用の形容詞「さやけし/清けし/明けし」の意味、活用、解説とその使用例を記している。 [ad 001] 形容詞・ク活用 |未然形|さやけく|さやけか... (全て読む)
9_80
Text_level_1
百人一首(1) 秋の田のかりほの庵の苫をあらみわが衣手は露に濡れつつ このテキストでは、百人一首に収録されている歌「秋の田のかりほの庵の苫をあらみわがころも手は露に濡れつつ」の現代語訳・口語訳と... (全て読む)
9_80
Text_level_1
あらし/粗し このテキストでは、ク活用の形容詞「あらし/粗し」の意味、活用、解説とその使用例を記している。 [ad 001] 「あらし」には ① 荒し ②粗し の用法があるが、ここでは「②粗し」... (全て読む)

1