manapedia
更新日時:
百人一首『由良のとを渡る舟人かぢを絶え行方も知らぬ恋の道かな』現代語訳と解説(序詞、縁語など)
著作名: 走るメロス
0 views
百人一首(46)曽禰好忠/歌の意味と読み、現代語訳、単語、品詞分解


由良のとを 渡る舟人 かぢを絶え 行方も知らぬ 恋の道かな


このテキストでは、百人一首に収録されている歌「由良のとを渡る舟人かぢを絶え行方も知らぬ恋の道かな」のわかりやすい現代語訳・口語訳と解説(序詞、縁語、句切れなど)、そして品詞分解を記しています。この歌は、百人一首の他に、新古今和歌集にも収録されています。



百人一首とは

百人一首は、平安時代末期から鎌倉時代初期にかけて活動した公家・藤原定家が選んだ和歌集です。100人の歌人の和歌を、1人につき1首ずつ選んで作られています。


原文

(※1)由良のとを 渡る舟人 (※2)かぢを絶え 行方も知らぬ 恋の道かな


ひらがなでの読み方

ゆらのとを わたるふなびと かぢをたえ ゆくへもしらぬ こひのみちかな



現代語訳

由良の海峡を渡る舟の船頭が、かじをつないでいた紐が切れて(途方に暮れているように)、行方もわからなく漂うような私の恋の道であることですよ


解説・鑑賞のしかた

この歌の詠み手は、平安時代の歌人、曽禰好忠(そね の よしただ)です。


主な技法・単語・文法解説

単語

(※1)由良のと「由良の門」と書く。由良は地名で、京都府宮津市の由良川付近、または和歌山県日高郡由良町付近のことを指しているとされる
(※2)かぢを「かぢ」は船をこぐのに用いる道具。「を」は「緒」。「かぢを」で「かじをつないでいる紐」と訳す。



句切れ

なし。

序詞

上の句が「行方も知らぬ」を導く序詞。


縁語

「渡る」、「行方」が「道」の縁語。

※「縁語(えんご)」とは、和歌の修辞技法のひとつ。ひとつの和歌にある言葉と、意味や音声の上で関連のある言葉を用いて表現に幅をもたせる技法。



品詞分解

※名詞は省略しています。



由良のと
格助詞
渡るラ行四段活用「わたる」の連体形
舟人
かぢを
絶えヤ行下二段活用「たゆ」の連用形
行方
係助詞
知らラ行四段活用「しる」の未然形
打消の助動詞「ず」の「連体形
格助詞
かな詠嘆の終助詞


著者情報:走るメロスはこんな人

学生時代より古典の魅力に取り憑かれ、社会人になった今でも休日には古典を読み漁ける古典好き。特に1000年以上前の文化や風俗をうかがい知ることができる平安時代文学がお気に入り。作成したテキストの総ページビュー数は1,6億回を超える。好きなフレーズは「頃は二月(にうゎんがつ)」や「月日は百代の過客(くゎかく)にして」といった癖のあるやつ。早稲田大学卒業。

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。